About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Feb 14, 2017

(No. 250) No Fish at Etomo Harbor (恵曇港にて釣果なし)



A fallen snow finally melted away, and this afternoon I drove to Nanbo, one of the breakwaters in Etomo Harbor. No fisherman was there when I arrived at the stop about 4:20 p.m. The wind was too strong and chilly at the tip of Nanbo. After just several casts, I drove to the ice plant and walked toward Edabo, another breakwater. One lure fisherman came back from either Edabo or Sinsinbo, the biggest breakwater. He told me he did not catch any young Japanese Spanish mackerel although he had gotten a few bites.
(積雪もついに溶けたので、今日の午後は、恵曇港にある防波堤の一つ、南防へ行ってみました。私が到着した午後4時20分頃には、そこに釣り人の姿はありませんでした。南防の先端では、とても強くて冷たい風が吹いていました。ほんの数投だけして、私は製氷所前へと移動し、そこから枝防という別の防波堤へ歩いていきました。枝防あるいは、恵曇港最大の防波堤である新々防で釣っておられたはずのルアー釣り師が戻ってこられました。サゴシ(若いサワラ)は釣れなかったけれど、数回のバイトがあったと教えてくれました。)
There was another lure fisherman at Edabo, and neither he nor I could catch any fish at the spot. Then, slightly before sunset I climbed up Sinsinbo. There was one lure fisherman who had caught a few young Japanese Spanish mackerels at the tip of it. He was friendly and we enjoyed a nice chat. Then, he stepped on one of the gigantic tetrapods that supposedly had killed unfortunate fishermen. He hopped over chasms between the tetrapods with such ease that I was amazed. For a Japanese sea bass, I cast one of my darter plugs without stepping on a tetrapod and let the lure swim under a thin sarashi (churning white water) a few times. Nothing happened. Before I left the spot, I said to him standing on a tetrapod in a loud voice, “Please be careful!”
(枝防には、また別のルアー釣り師の姿がありました。しかし、その方にも、私にも、魚は釣れないのでした。それから私は、日没の少し前に、新々防へ登っていきました。その先端に、もう一人、ルアー釣り師の姿がありました。既に数匹のサゴシを釣られています。愛想の良い方だったので、楽しい会話ができました。それから彼は、不運な釣り人の命を奪ってきたと思われる巨大なテトラポッドの上に立ちました。テトラの隙間を軽々と飛び越えていかれるので、私は驚きました。私はといえば、テトラの上に立つことなく、スズキを釣るためにダーター・プラグを投げ、薄いサラシ(かき混ぜられた白い水)の下を数回通しました。でも、何も起きません。釣り場を離れる前に私は、テトラの上に立つ彼に大きな声で言いました。「じゃあ、お気をつけて!」)

Feb 8, 2017

(No. 249) No Fish at Oh-hato in Uppurui Harbor and at Kamaura Harbor (十六島港の大波止と釜浦港にて釣果なし)





Finally I became freed from a series of challenging jobs last night. I got such a terrific feeling of freedom that I decided to go to fishing spots in Izumo City, an adjoining city of my hometown, Matsue. This morning I arrived at Oh-hato, the biggest breakwater in Uppurui Harbor before 7 a.m. There were already three lure fishermen at the spot. I had heard that plenty of young Japanese Spanish mackerels and even red sea breams were around in Uppurui Bay, but today all the fish seemed inactive. After casting lures for about 30 minutes, I gave up the spot and drove to Kamaura Harbor. 
(取り組みがいのあった一連の仕事から、昨夜ついに、解放されました。解放感はとても大きく、私は、故郷の松江市に隣接する出雲市の釣り場に行ってみることにしました。十六島港最大の防波堤である大波止に到着したのは、今朝の7時前でした。そこには既に3人のルアー釣り師がいらっしゃいました。十六島湾には今、たくさんのサゴシ(若いサワラ)のほか、真鯛までいると聞いていましたが、今日は、どの魚の活性も高くないようでした。30分ほどルアーを投げてその釣り場をあきらめた私は、釜浦港へ移動しました。)
Unlike much larger Uppurui Harbor, the water in Kamaura Harbor was pretty rough and there was strong swell. I thought I would catch nice Japanese sea bass, but no fish attacked my darter plugs. Sometimes the swell became so strong that I started to feel a bit scared. I soon gave it up and drove back to Oh-hato in Uppurui Harbor. I came back to the breakwater slightly before 9 a.m. The lure fishermen that had been there were all gone, but others kept coming to the spot. I might have caught a few fish if I had stayed longer, but I soon left the spot. I felt the breakwater got a bit too crowded to cast my big plugs.
(ずっと大きな十六島港と異なり、釜浦港の海はかなり荒れており、強いうねりもありました。良い型のスズキが釣れるのではないかと考えましたが、私のダーター・プラグを襲う魚はいません。うねりは時々、とても強くなり、私は少し怖くなってきました。すぐにそこをあきらめ、十六島港の大波止に戻りました。大波止に到着したのは午前9時のちょっと前でした。最初にいらしたルアー釣り師は全員お帰りになられていましたが、他の皆さんが続々とやって来られます。もう少し粘っていれば2、3匹釣れたかもしれませんが、私は間もなくその場を去りました。大きなプラグを投げるには、少しばかり混雑してきたような気がしたのです。)

Feb 4, 2017

(No. 248) Chase by Fluke in Etomo Harbor (恵曇港にてヒラメのチェイスあり)





Today I started fishing about 7:30 a.m. at Maruiwa in Owashi. A bit surprisingly, there was no fisherman around the spot. Two days ago I saw many small sardines in Etomo Harbor, but today I did not see any of them around Maruiwa. Now predatory fish such as Japanese sea bass and Japanese Spanish mackerels are chasing them along the shore of the Shimane Peninsula. In other words, when you cannot see this baitfish, you are unlikely to catch any predatory fish. No fish hit my lures around Maruiwa, so I drove to Etomo Harbor. 
(今日は、大芦の丸岩で午前7時30分頃から釣り始めました。少し驚いたことに、他の釣り人の姿がありません。2日前、恵曇港には小さなイワシがたくさんいたのですが、今日、丸岩の周囲にイワシの姿はありません。現在、スズキやサワラのような肉食魚は、島根半島の沿岸でイワシを追いかけています。言い換えれば、このベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿がないところでは、肉食魚はあまり釣れないということになります。丸岩の周囲では魚がヒットしなかったので、私は車に乗って恵曇港まで行きました。)
From Edabo, one of breakwaters in Etomo Harbor, I saw some birds hovering above the water outside the harbor. Unfortunately it was way beyond our casting distance. Still, some lure fishermen kept casting their small metal jigs in the direction. After I did the same for a while, I soon gave it up and changed my lure. I turned around and cast my Northbar Montauk Darter toward the inside of the harbor. I did not expect much because it was almost noon. Just when I pulled out the lure from the water, a big fluke appeared from the bottom and tried to bite it. The fish missed the lure, and I felt as if my heart had stopped.
(恵曇港の防波堤の一つである枝防から、港の外側の海面上を旋回する数羽の鳥の姿が見えました。あいにく、とてもルアーが届くような距離ではありません。しかし、何人かのルアー釣り師たちが、その方角へ小さなメタルジグを投げ続けています。私もしばらく同じことをしましたが、すぐに断念し、ルアーを変えました。そして回れ右をすると、港の内側へ向けてノースバー・モントーク・ダーターを投げたのです。もうほとんど正午でしたので、あまり期待はしていませんでした。水面からルアーを引き上げたまさにその時、大きなヒラメが海底から姿を現し、ルアーに噛みつこうとしました。魚は食いつき損ね、私の心臓は、まるで止まってしまったかのようでした。)

Feb 2, 2017

(No. 247) Japanese Sea Bass and Japanese Spanish Mackerel in Etomo Harbor (恵曇港にてスズキとサゴシ)






I arrived in Etomo Harbor about 7 a.m. No one was around, but one lure fisherman soon came to the spot in front of the Ice plant. He asked me where to go to catch young Japanese Spanish mackerels. He said he had seen a report of good catch of the fish yesterday on a website of one local tackle shop. It seemed he had not been to the harbor many times. I gave him some unreliable tips and started fishing around Edabo, a breakwater sticking out from Sinsinbo, the biggest breakwater in the harbor. Soon I caught a young Japanese Spanish mackerels with Acme Kastmaster XL. The lure fisherman joined in me around the tip of Edabo, but we could not catch another fish. The rain started falling, and it got colder. So I left him there to go back to my car.
(恵曇港には午前7時に到着しました。最初は誰もいませんでしたが、すぐに一人のルアー釣り師が、製氷所前に現れました。彼は、サゴシ(若いサワラ)が釣れるのはどこですか、と私に尋ねるのでした。地元の釣具屋のウェブサイトで、昨日、サゴシが大漁だったという報告を見たのだそうです。どうやら彼は、恵曇港にはあまり来たことがないようです。当てにならない助言を彼に与えてから、私は枝防の周辺で釣り始めました。枝防とは、最大の防波堤である新々防から突き出している防波堤です。アクメ・キャストマスターXLで、すぐにサゴシが釣れました。先ほどの彼がやって来て仲間入りをし、私たちは枝防の先端周辺で釣りましたが、もう魚は釣れません。雨が降り始め、寒くなってきました。私はその場に彼を残し、車へと戻りました。)
While I took shelter from the rain, he returned to the parking space with one young Japanese Spanish mackerel. He said he had been fishing since the middle of the night and he called it a day with the fish. I was glad that he caught one. I walked to Edabo to start fishing again, but I saw a nice patch of sarashi (churning white water) under the tip of Sinsinbo. At the end of last year I declared that I would not fish at the tip of Sinsinbo, but the sarashi looked so tempting that I climbed the scariest breakwater to get to the tip. After a few failed attempts, I managed to let my Northbar Montauk Darter swim underneath the sarashi. Bang! A fat Japanese sea bass hit the lure, and I successfully landed it. Today I caught two fish safely, and during the course of it I met three lure fishermen. All of them were friendly. What a nice day today!
(雨宿りをしていると、彼がサゴシとともに駐車スペースに戻ってきました。真夜中からずっと釣りをしていたという彼は、その一匹でもう今日は納竿することにしたのだそうです。彼がサゴシを釣ることができて、私も嬉しく思いました。私は枝防まで歩いて、また釣り始めようとしましたが、新々防の先端の下に、良さそうなサラシ(かき混ぜられた白い水)ができているのが見えました。昨年の終わり、私は新々防の先端ではもう二度と釣りをしないと宣言したのですが、そのサラシがとても魅力的だったので、私はつい、その最恐の防波堤を登って、先端まで行ってしまったのでした。何度か失敗した後、ノースバー・モントーク・ダーターをサラシの下に通すことに成功しました。ドカン! よく太ったスズキがルアーにヒットし、首尾よく釣り上げることができました。今日、私には2匹の魚が安全に釣れ、その過程で、3人のルアー釣り師に出会いました。彼らは皆、友好的な釣り人でした。今日は、なんて良い日なのでしょう!)

Jan 29, 2017

(No. 246) No Fish at Various Spots in Etomo Harbor (恵曇港のいろいろな場所にて釣果なし)








Busy work schedule and the heaviest snowfall in several years had not allowed me to go fishing for a while, but this weekend finally I made it. I started fishing at Edabo in Etomo Harbor slightly after 7 a.m. today. There were already a few fishermen at the breakwater. All of them were lure fishermen who seemed for young Japanese Spanish mackerels. They were using relatively small lures. I cast my smallest metal jigs too, but I was also for the Japanese sea bass. So I also used bigger darter plugs such as the Super Strike Zig Zag or Northbar Montauk Darter. The latter was put on the U.S. market just last summer, and this was the first time I had used it. Instantly it became one of my favorite plugs although I did not catch any fish with the new lure. I cast my lures from various spots in the harbor, but no fish attacked them. Actually, most lure fishermen got skunked this morning.
(忙しい仕事のスケジュールと、ここ数年でいちばんの大雪のせいで、しばらく釣りに行けませんでしたが、この週末はついに時間ができました。今朝は午前7時ちょっと過ぎに、恵曇港の枝防で釣り始めました。その防波堤には、既に数人の釣り人の姿がありました。全員がルアー釣り師で、どうもサゴシ(若いサワラ)を狙い、比較的小さめのルアーを投げておられるのでした。私もまた、持っているものの中では最小のメタルジグを投げましたが、同時に私は、スズキも狙っているのでした。ですので、大きなダーター・プラグ、例えばスーパーストライク・ジグザグやノースバー・モントーク・ダーターを投げたりもしました。後者は、昨年夏に米国で発売されたばかりのもので、使うのは今回が初めてでした。何かが釣れたわけではありませんが、その新しいルアーは、一瞬にして私のお気に入りのプラグの一つとなりました。恵曇港の様々な場所からルアーを投げましたが、魚はルアーを襲いません。実際のとこと、今朝はほとんどのルアー釣り師に何も釣れませんでした。)

Jan 19, 2017

(No. 245) Japanese Spanish Mackerels at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にてサゴシ)




To tell the truth, I have been to Nanbo, a breakwater in Etomo Harbor, three times since my last post. Every time I fished for less than one hour before sunset, and every time I caught at least one young Japanese Spanish mackerel with my smallest metal jigs. However, I did not write a post about my recent fishing trips. I have been too busy. It may sound strange, but I am too busy not to go fishing. After doing translation (my job) continuously for 6 to 8 hours, I seriously need to refresh myself. To be more precise, I need to refresh my brain. For me, the best way to do it is to go fishing.
(本当のことを言えば、最後に投稿をしてから3回、私は、恵曇港の防波堤、南防へ出かけているのでした。毎回、日没前の1時間弱、釣りをし、毎回、少なくとも一匹のサゴシ(若いサワラ)が、私がもっている中では最も小さいメタルジグを使って釣れています。しかし私は、最近の釣行についてブログに書くことはありませんでした。忙しすぎるのです。奇妙に響くかもしれませんが、私は忙しすぎて、釣りに行かざるを得ないのです。6〜8時間もぶっ通しで翻訳(私の仕事です)をしていると、どうしても自分自身をリフレッシュさせないといけなくなります。より正確に言うならば、脳をリフレッシュさせないといけなくなってしまうのです。私にとって、その最良の方法は釣りに行くことです。)
So I drove to Nanbo this evening, too. The fish were the least active today. I had just one bite, and luckily I managed to catch the fish. It spit out very small baitfish. I took a picture of them along with my Acme Kastmaster, the lure that caught the fish for me. The length of the lure excluding the hook is 7.5 cm (3 in.). What a small baitfish! After successfully refreshing my brain in this way, I am supposed to work again until around midnight, but tonight I become lazy. I am writing this piece.
(ですので今夕もまた、南防へ車を走らせました。最近の釣行の中では、今日がいちばん魚の活性が低い日でした。一度だけバイトがあり、幸運なことに私はその魚を釣り上げることができました。その魚は、非常に小さなベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)を口から吐き出しました。その魚を釣ってくれたルアー、アクメ・キャストマスターと並べて、ベイトフィッシュの写真を撮りました。針の部分を除くと、このルアーの長さは7.5センチです。なんと小さいベイトフィッシュでしょう! このようにして私は、脳をリフレッシュさせることに成功し、本来ですと、真夜中くらいまでまた仕事をしなければいけないのですが、今日は怠けてしまいました。つまり、この投稿を書いているわけです。)

Jan 14, 2017

(No. 244) “Double-handlization” is Completed for My PENN Torque Spinning Reels (PENNのトルク・スピニングリール、ダブルハンドル化完了)





First, I would like to tell you that this post is about neither my fishing trip nor stray cats. It is about a technical aspect of fishing gear that may interest only a few people. It is also a result of the fact that the bad weather and my tight work schedule do not allow me to go fishing for a while. Second, there is no word such as “double-handlization” in English. It is a completely new term just coined by me. As I explained in one of my previous posts, I am an ambidextrous caster. I am able to cast a lure either right-handed or left-handed, and there is no difference in casting distance and accuracy whichever hand I use. There are some merits of being ambidextrous, especially when you fish at a spot such as ones along the rocky shore in the Sanin Region. That’s why I have used a spinning reel with two handles.
(まず初めにお伝えしておきたいのは、今回の投稿は、釣行に関するものでもなければ、野良猫に関するものでもないということです。釣り道具の技術的な側面に関する内容ですので、興味を持たれる方は、ほんの数人かもしれません。また、こんな内容になったのは、悪天候と厳しい仕事のスケジュールのせいで、しばらく釣りに行けないからでもあります。続いてお伝えしておきたいのは、「double-handlization」というような言葉は英語には存在しないということです。この単語は、私が今、こしらえた新語です。さて、以前の投稿でもご説明した通り、私は左右両利きの釣り師です。右手を使っても、左手を使っても、どちらでもルアーが投げられる上、キャスティングの飛距離と精度は、どちらの手を使っても、変わりがありません。山陰地方における磯のような場所で釣りをする場合、左右両利きであることには、いくつかのメリットがあります。そのため私は、2つのハンドルが付いたスピニングリールを使っているのです。)
However, as soon as I started using a double handle reel last summer, I noticed that the handles should line up straight in the opposite direction from each other. This is especially true of my bail-less spinning reel, PENN Torque 5. Otherwise, if you cast a lure carelessly, the increased momentum due to the two handles may allow the rotor to spin excessively and the line roller to catch the outgoing line. The line will be snapped off if damaged, and the precious lure will be gone. This issue had bothered me, but I didn’t find how to solve it. Several days ago, finally I came up with the idea. If I put an appropriate shim between a handle and the ball bearing that supports it, I must be able to adjust the direction of two handles. I immediately ordered several shims of different thickness and tried inserting one of them between the handle and the ball bearing. Ta-da! I made the handles of my reels line up dead straight in the opposite direction. The mission of double-handlizing My PENN Torque spinning reels is finally completed, and now I feel I own the best spinning reels in the world. Call me “Double-Handle-no-Masa,” “Dabuhan-no-Masa,” or “DH-no-Masa.”
(しかしながら私は、昨夏にダブルハンドル・リールを使い始めてすぐ、2つのハンドルはお互いに正反対の方向へ一直線になっているべきだということに気づきました。そしてそれは、とりわけ私のベールレス・スピニングリール、PENNのトルク5に当てはまるのです。もしそうなっていないリールで不用意にルアーを投げたら、ハンドルが2つあるために強まった勢いのせいでローターが過度に回転し、放出中のラインをラインローラーがつかんでしまう可能性があります。もしラインが傷ついていたら、そこでブツッと切れて、貴重なルアーが彼方へ飛んでいってしまいます。私はこの問題に悩まされてきましたが、解決法を思いつきませんでした。しかし数日前に、ついにひらめいたのです。適切なシムを、ハンドルと、ハンドルを支えるベアリングの間に置けば、2つのハンドルの方向を調節できるに違いない。すぐに私は、厚さの異なるシムをいくつか注文し、ハンドルとベアリングの間に挿入してみました。すると、どうでしょう! ついに2つのハンドルを正反対の方向へ一直線にすることができたのです。PENNのトルク・スピニングリールのダブルハンドル化というミッションはとうとう完了し、私は今、世界最高のリールを所有していると感じています。これからは私を「ダブルハンドルのマサ」もしくは「ダブハンのマサ」もしくは「DHのマサ」と呼んでください。)