About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Aug 15, 2017

(No. 298) No Fish at Susumi Bay and Owashi Harbor (須々海湾と大芦港にて釣果なし)





I arrived at the parking space overlooking Susumi Bay in Owashi about 4:30 p.m. The waves were not as high as I had hoped. I had thought I might catch Japanese sea bass, but the sea was not rough enough to create patches of nice sarashi (churning white water). I got discouraged, but anyway I started the run-and-gun style fishing toward Susumi-hana. No baitfish was sighted, and nothing exciting happened. I walked back and drove to Ogu-no-hato in Owashi Harbor.
(大芦の須々海湾を見下ろす駐車スペースに到着したのは午後4時30分頃でした。期待していたほど波が高くありません。スズキが釣れるのではないかと考えていたのですが、良いサラシ(かき混ぜられた白い水)が形成されるような、荒れた海ではありませんでした。がっかりしましたが、とりあえず須々海鼻へ向かってラン&ガン方式の釣りを開始しました。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿は見えませんし、何も面白いことは起きません。私は引き返して、大芦港の小具の波止へ行きました。)
From the empty breakwater I hooked something strange. It was a long pink rope, and it was with a short black bar attached to one end of it. It was a rope for water skiing. I could not leave it at the breakwater because it could be a nuisance in the sea. So I decided to take it home and dispose of it. When I came back to my car with the pink rope, one car arrived at the parking space. The driver got off the car and looked hard at the sea. To my surprise, he had looked for the pink rope. Knowing that I caught the rope, he became happy and very grateful to me. I didn’t catch any fish today, but I felt happy too.
(その無人の防波堤から、私は何か妙なものを引っ掛けたのでした。それは長いピンクのロープで、一方の端に、黒くて短いバーが取り付けられていました。水上スキーで使うロープのようです。厄介な海中のゴミになってしまうかもしれないので、ロープを防波堤に残していくことはできません。私は家に持ち帰って処分することにしました。ピンクのロープとともに車のところまで戻ると、1台の車が駐車スペースにやってきました。運転手は車を降りると、じっと海を凝視します。驚いたことに、彼はピンクのロープを探していたのでした。私がロープを釣り上げたことを知ると、彼は嬉しそうになり、私はとても感謝されました。今日は何も魚が釣れませんでしたが、私もまた幸せな気分でした。)

Aug 6, 2017

(No. 297) Hong Kong Grouper at Nagasaki-bana in Mitsu (御津の長崎鼻にてキジハタ)







When I arrived at Nagasaki-bana in Mitsu about 5:45 a.m., spiders’ threads stuck to my body and fishing tackle. The narrow path in the woods from a parking space to the fishing spot was filled with cobwebs this morning. I wondered whether high temperature for the last several days has boosted spiders’ activities. When I started casting my lures, the sea was not choppy but a strong south wind was blowing. A school of baitfish was swimming along the shore, but no big fish seemed to be following it. First, I used my American pencil popper and darter plugs, but there was no response.
(午前5時45分に御津の長崎鼻に到着した時、私の身体と釣り道具には、蜘蛛の糸がくっついていました。駐車スペースから釣り場に至る林の中の小道は、今朝、蜘蛛の巣だらけだったのです。ここ数日の高い気温のせいで、蜘蛛の活動が盛んになったのだろうかと私は思いました。ルアーを投げ始めた時は、水面は波立っていませんでしたが、強い南風が吹いていました。岸沿いにベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の群れが泳いでいますが、それを追う大型魚はいないようです。私はまず、アメリカのペンシル・ポッパーとダーターを使いましたが、何も反応がありません。)
Next, I let the Acme Kastmaster XL sink to the bottom carefully. At the second or the third attempt, I felt a faint bite. I jerked my rod to hook the fish. As I expected, it was a Hong Kong grouper. Soon afterwards, the wind waned, and a small fishing boat came closer to me. I took off my cap and made a polite bow to the local fisherman on it. I asked, “Have you caught a lot of turban shells lately?” He replied, “No. The sea has been too calm for a long time.” I did not know that whether the sea is calm or not could affect the catch of turban shells.
(次に、アクメ・キャストマスターXLを、注意しながら、底まで沈めてみました。その2投目か3投目で、かすかなバイトを感じました。竿をあおると、魚がかかりました。予想通り、それはキジハタでした。その後、風は弱まり、地元の漁師を乗せた小さな漁船が近くにやってきました。私は帽子を脱いで丁寧にお辞儀をしました。「サザエがたくさん採れますか?」と私が尋ねると、その漁師さんは「いんや。もうずっと凪いでばっかだけんね」と言われました。海が穏やかであるかどうかが、サザエの漁獲量に影響するとは知りませんでした。)

Aug 5, 2017

(No. 296) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)






Saruwatari in Nonami is the spot where I had caught the first yellowtail amberjack since I came back to Japan (If you are interested, see No. 217). Unfortunately the fish was also the last one I had caught. This morning I was standing at Saruwatari with slightly bigger anticipation than when I went to other spots. I had caught not only the yellowtail amberjack but also other fish such as a Japanese Spanish mackerel at the spot. However, the sea was too quiet and calm today. In the water, plenty of the pearl-spot chromis were swimming peacefully.
(野波の猿渡は、私が帰国してから最初のヒラマサが釣れた場所です(もしご興味があれば、No.217を御覧ください)。残念ながら、それは私が最後に釣ったヒラマサでもあります。今朝の私は、他の釣り場に行く時よりもわずかに大きな期待を抱いて、猿渡に立っていました。私はこの場所で、ヒラマサだけでなく、サワラなど他の魚も釣ったことがあるのです。しかしながら、今日の海はあまりにも静かで穏やかだったのでした。水中では、スズメダイの大群がのんびりと泳いでいました。)

Jul 28, 2017

(No. 295) No Fish at Setokaze-bana and Takase in Mitsu and at Uppurui-bana (三津の瀬戸風鼻と高瀬、そして十六島鼻で釣果なし)




Today I started fishing at Setokaze-bana in Mitsu, Izumo City. It was about 5 a.m., and as soon as I started casting my lures, a few fishing boats gathered around the spot for some reason. I did not want to interfere with their professional fishing. I drove to a nearby spot, Takase, a big rock at the east end of Mitsu Harbor. No baitfish was sighted. The calmness of the sea was so discouraging that I soon gave up the spot and drove to Uppurui-bana. Unfortunately, there was no big difference. There was neither baitfish nor a good current. I swam around the tip of Uppurui-bana. There was nothing in the water except some floating seaweeds. 
(今日は、出雲市の三津にある瀬戸風鼻で釣り始めました。午前5時頃だったのですが、私がルアーを投げ始めるやいなや、どういうわけか数艘の漁船が釣り場の周辺に集まってきたのでした。私は漁師さんたちのお邪魔をしたくありませんでした。そこで近くの釣り場の一つ、三津港の東端に位置する巨岩、高瀬へ行きました。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿はありません。静かな海のせいでヤル気がなくなり、私はすぐにそこをあきらめて、十六島鼻へ移動しました。あいにく、大きな違いはありませんでした。ベイトフィッシュもいなければ、良い潮も流れていません。私は十六島鼻の先端周辺を泳ぎ回りました。プカプカ浮いている海草の他、水中には何もありませんでした。)

Jul 24, 2017

(No. 294) No Fish at Ichinose in Koizu (小伊津の一の瀬にて釣果なし)




This morning I drove to Koizu in Izumo City after I took my father to Izumo Airport. It was almost 9 a.m. when I started casting my lures from Ichinose in Koizu. No fisherman was around. Not sure if there had been any before I arrived at the spot. I tried a few lures, but nothing happened. I did not see any baitfish, too. I quit fishing before long and drove to a cove to the west of Mitsu Harbor. One family was cheerfully swimming in the shallows. I swam in the deeper water. Then, sitting on the rocky shore, I read Flaubert’s Madame Bovary. What a joy to alternately swim and read!
(今朝、出雲市の小伊津へ向かったのは、父を出雲空港まで送っていった後でした。そのため、小伊津の一の瀬からルアーを投げ始めた時には、もうほとんど午前9時になっていました。釣り人の姿はありません。私がやって来る前に誰か釣っていたのかどうかも不明です。何個かのルアーを試しましたが、何も起きません。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿もありません。私は間もなく釣りをやめて、三津港の西にある小さな湾へ向かいました。ご家族でお越しの一行が、陽気に浅瀬で泳いでいます。私は少し深いところで泳ぎました。そして磯に腰を下ろし、フローベールの『ボヴァリー夫人』を読みました。水泳と読書を交互にするのは、なんて楽しいのでしょう!)
The date for the 5th meeting of a local book club is getting near. The name of the club, which is organized by Toeisha, a small secondhand bookstore and also a cafe in my neighborhood, is “A Book You Want to Read Before You Die.” We are going to discuss the French classic on this Saturday. So far we have discussed One Hundred Years of Solitude by Gabriel Garcia Marquez, The Crying of Lot 49 by Thomas Pynchon, Discourse on Decadence by Ango Sakaguchi, and I Am a Cat by Soseki Natsume. The uniqueness of this book club lies in the fact that you are NOT required to read a designated book. You have every right to join in the meeting without even turning the first page of the book. If interested, see the bookstore’s website.
(地元で開かれる読書会の第5回目が近づいているのです。この読書会の名称は「死ぬまでに読みたい一冊」といい、近所の古本屋にしてカフェでもある冬營舎によって運営されています。今週の土曜日に、私たちは、このフランス文学の古典について話し合います。これまでにこの読書会では、ガブリエル・ガルシア=マルケスの『百年の孤独』、トマス・ピンチョンの『競売ナンバー49の叫び』、坂口安吾の『堕落論』、そして夏目漱石の『吾輩は猫である』を取り上げてきました。この読書会が他と異なるのは、指定された本を読んでくる必要がない、という点です。その本を1ページも開いたことがなくても、皆さんには、読書会に参加する完全な権利があるのです。もしご興味があれば、冬營舎のウェブサイトを御覧ください。)

Jul 22, 2017

(No. 293) No Fish at Takanishi in Tayu (手結の高西にて釣果なし)






Morning has already come when I arrived at a parking space around Tayu Harbor. I walked to Zendana, the nearest fishing spot from the parking space, to find that one family already occupied the spot. I said hello to them and moved forward to get to Enobori, a more popular fishing spot, but it was also occupied. I turned back and took the path in the woods to get to Takanishi, another major spot in Tayu. To my surprise, the spot was empty. Nobody was around. Unfortunately, the sea was empty, too. I did not see any baitfish such as sardines.
(手結港の駐車スペースに到着した時には既に夜が明けていました。私は、駐車スペースからいちばん近い釣り場である膳棚に向かいましたが、そこには、ご家族でお越しの一行が既にいらっしゃったのでした。私は彼らに挨拶し、より人気の高い釣り場である犬堀へ進みましたが、そこもまた満員でした。引き返した私は、森の中の小道を通って、別の有名な釣り場、高西へと向かいました。驚いたことに、その釣り場は空っぽでした。誰もいません。不運なことに、海の中も空っぽでした。イワシのようなベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿がありません。)
Getting bored, I took out my only Japanese lure, Maria’s Loaded F180. It was the first time I had used it (My older post No. 274 would show you why I had ended up owning this lure). I wanted to see how this Japanese lure moves and find which American lure could imitate it. After several attempts, I found the Super Strike Zig Zag might be the best candidate for it. I quit fishing after swimming in the very calm sea. I saw a familiar local resident around Tayu Harbor. Even before I talked to him, he issued a declaration. “You never catch any now. Aimed for a yellowtail amberjack?” “Right. I did not catch any. Absolutely no fish,” I said to him.
(退屈したので、私がもっている唯一の日本のルアー、マリアのローデッドF180を取り出しました。これを使うのは今日が初めてでした(以前の投稿、No. 274を御覧になれば、なぜ私がこのルアーを所有することになったか分かります)。私は、この日本のルアーがどう動くかを見て、その動きを真似できるアメリカのルアーはどれなのか調べようと思ったのです。数回ほど試してみて、スーパーストライク・ジグザグがいちばん有望ではないかと思いました。非常に穏やかな海で泳いでから、納竿しました。手結港の周辺で、見覚えのある地元の方にお会いしました。私が話しかけもしないうちに、彼は宣言したのでした。「(今は)なんだい釣れんよ。ヒラマサかね?」。「なんだい釣れませんわ。ぜんぜんダメです」と私は応えました。)

Jul 20, 2017

(No. 292) No Fish but Photo at Last at Ikesu in Etomo (恵曇の生須にて釣果なしも、ついに写真あり)





It was broiling hot today. Originally I did not plan to go fishing, but the scorching heat made me drive to Ikesu in Etomo this evening. I needed to jump into the sea to cool off my body. Of course I took out my fishing tackle with me. I did not do fishing very much, but I found a lot of baitfish swimming along the shore. If I had gone fishing early this morning, I might have caught a nice amberjack.
(今日は焼けつくような暑さでした。もともと釣りに行く予定は立てていませんでしたが、猛烈な暑さのせいで私は、夕方、恵曇の生須へと車を走らせました。海に飛び込んで身体を冷やす必要があったのです。もちろん、釣り道具も持参しました。釣りにはあまり時間を割きませんでしたが、岸沿いにたくさんのベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)が泳いでいるのが見えました。早朝に釣りに行っていたら、青物が釣れていたかもしれません。)