About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Aug 29, 2015

(No. 77) Chase by Yellowtail Amberjack at Oshima in Koura (古浦の男島にてヒラマサのチェイスあり)





I visited again Oshima, a huge rock to the west of Koura Public Beach. Arriving at the spot at 7 a.m., I thought it might have been a bit too late to enjoy the best time of fishing in a day. This time there were no other fishermen around. I saw some baitfish, but nothing had happened for one hour and a half until I started twitching one of my favorite lures, Super Strike Zig Zag.
(古浦海水浴場の西にある巨大な岩、男島を再び訪れました。朝7時に到着した私は「釣りをするのに一番良い時間帯は過ぎてしまったかもしれない」と思いました。今回、他に釣り人の姿はありませんでした。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)はいるものの、何も起きないまま、1時間30分がたちました。しかしそれも、お気に入りのルアーの1つ、スーパーストライク・ジグザグを小刻みに引き始めるまでのことでした。
I found a slender shadow of fish following the white lure, which was darting from side to side just under the surface. The fish was swimming a little below the lure while maintaining the distance from it. My heart almost stopped, but finally the lure came back to my feet and the fish turned back. It looked a medium-sized yellowtail amberjack. After I gave up fishing, I swam at Koura Public Beach. I also took underwater pictures of the lure because it did a decent job.
(細長い魚の影が、水面直下を左右に進むその白いルアーを追いかけているのでした。魚は、ルアーとの距離を維持しながら、ルアーよりも少し深いところを泳いでいます。心臓が止まりそうになりましたが、ルアーは私の足下まで戻ってきてしまい、魚は引き返していきました。中型のヒラマサのようでした。釣りを終えると、私は古浦海水浴場で泳ぎました。まずまずの仕事をしてくれたルアーの水中写真も撮ったのでした。)

Aug 28, 2015

(No. 76) No Fish at Ichinose in Koizu (小伊津の一の瀬にて釣果なし)




My expectations were raised high after I watched a local fishing program last night. Pictures of fishermen who proudly displayed yellowtail amberjacks were on screen, and one of the fishing personalities in the TV program said that now the fish is around along the shore of the Shimane Peninsula. In my excitement I woke up today before 4 a.m. and went straight to Ichinose, a fishing spot in Koizu, Izumo City. When I arrived at the spot before dawn, there were already a few fishermen. Ichinose is the best spot in Koizu according to the very useful “Sanin Fishing Spot Guidebook”. I was almost sure that I would catch some yellowtail amberjacks today.
(昨夜、テレビで地元の釣り番組を見た私の期待は高まりました。画面には、ヒラマサを誇らしげに示す釣り人たちの写真が映し出され、番組の釣りタレントの一人が、島根半島沿岸にヒラマサがやって来ていると言ったのです。私は興奮のあまり、朝の4時前に目覚め、出雲市の小伊津にある釣り場、一の瀬に直行しました。私が到着したのは夜明け前でしたが、すでに数人の釣り人の姿があります。とても役に立つ『山陰の釣り場総覧』によると、一の瀬は、小伊津で最良の釣り場です。きっと今日は何匹かヒラマサが釣れるはず、と私はほとんど確信していたのでした。)
The dawn broke, and I found that I had kept casting my lures for about an hour in vain. Not only I but also all the other fishermen caught no fish. One of them even stopped casting lures and took a rest sitting on the rocks. All of them looked tired. Their expectations might have been raised, too. The higher your expectations are, the greater your disappointment and fatigue get if you catch no fish. Still, I tenaciously kept casting my lures as I moved around in the spot, but in vain. Actually I didn’t see any baitfish. Where is the yellowtail amberjack on TV? One by one the other fishermen left the spot, and then there were none.
(夜が明け、気が付けば私は、1時間近くルアーを投げ続けているものの、何も釣れていないのでした。私だけでなく、他の釣り人も何も釣れていません。ルアーを投げるのを休んで、岩の上に腰を下ろして休憩中の人もいます。全員が疲れているように見えました。彼らの期待もまた、高まっていたのかもしれません。期待が高ければ高いほど、釣れなかった時の失望と疲労は深いのです。それでも私は、いろいろ場所を変えながら、根気強く、ルアーを投げ続けました。しかしやはり、何も釣れません。実際のところ、ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿も見えません。テレビで見たあのヒラマサはいったいどこにいるのでしょうか? 釣り人たちは一人ずつ釣り場を離れていき、そして、誰もいなくなったのでした。)

Aug 22, 2015

(No. 75) No Fish at Nanbo in Etomo Harbor and at Koura Public Beach (恵曇港の南防と古浦海水浴場にて釣果なし)




It was still dark when I arrived at Etomo Harbor before dawn. A silhouette of a man was approaching me at the parking spot. He was not a fisherman but a local guy who was taking a walk around the harbor. He asked, “What do you fish for?” His voice sounded familiar to me. He must have been somebody with whom I had talked before. “Any fish I can catch with my lures,” I replied. Then he said, “You can catch only Japanese whiting now.” It sounded to me as if a death sentence. You cannot catch the fish with lures. You need bait. He basically said I would not catch any fish today.
(夜明け前に到着した恵曇港は、まだ暗かったのでした。駐車場にいる私に、人影が近づいてきました。釣り人ではなく、港を散歩中の地元の男性です。「何ねらっちょうね?」と彼は尋ねます。聞き覚えのある声でした。以前、話したことのある誰かです。「ルアーで釣れる魚なら何でもいいから釣れんかと思って」と私は答えました。すると彼は言うのでした。「今はキスしか釣れんよ」。まるで死刑の宣告のような響きでした。キスという魚は、ルアーでは釣れません。エサが必要です。つまり彼は、私は今日、何も魚が釣れないだろうと言っているのでした。)
Unfortunately his sentence proved to be right. I fished at the tip of Nanbo, one of the breakwaters, for about 45 minutes but did not see any baitfish nor catch any fish. Then I went to Koura Public Beach and fished for another 45 minutes in vain. I gave up fishing and swam as usual. I drove to Oshima for scouting. It is a huge rock 2 kilometers to the west of Koura Public Beach. Getting down a rather steep path for 15 minutes, I found a bait fisherman at the spot. He seemed to catch no fish, but the view is gorgeous, and getting to the spot requires a certain degree of athleticism. I like it. Next time I will bring my rod and reel.
(残念ながら、彼の宣告は正しいことが証明されました。南防という防波堤の一つで45分釣りましたが、ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿はありませんし、魚は何も釣れません。続いて古浦海水浴場へ行き、さらに45分粘りましたが、何も釣れません。釣りはあきらめ、例によって私は泳ぎました。私は車に乗って男島の調査に行きました。男島とは、古浦海水浴場の西方2キロにある巨大な岩のことです。かなり急な小道を15分ほど下りると、釣り場に一人、エサ釣りの人がいるのが分かりました。どうやら何も釣れていませんが、素晴らしい風景です。そして、この場所に到達するには、ある程度の運動能力が必要です。気に入りました。次は、竿とリールを持ってきます。)

Aug 16, 2015

(No. 74) No Fish at Ichimonji-hato in Sakaiminato and under the Mihonoseki Lighthouse (境港の一文字波止と美保関灯台の下にて釣果なし)






I woke up at 2 a.m. to drive to Sakaiminato City in Tottori Prefecture. Last January a friend of mine invited me to go fishing there, but we didn’t catch any fish. Today we tried the same spot again. A small fishing boat took us to the biggest breakwater (Ichimonji-hato) in Miho Bay, which the friend of mine frequently visits. He told me that Japanese sea bass and Japanese Spanish mackerels had been caught lately, but I was unlucky again. Although he managed to catch one nice Japanese sea bass, I couldn’t catch any fish.
午前2時に起床し、鳥取県の境港まで運転しました。去る1月、友人が境港での釣りに招待してくれましたが、私たちは何も釣れなかったのでした。今日、私たちは前回と同じ場所へ行きました。小さなに乗り、美保湾で最も大きな防波堤(一文字波止)へ渡ったのです。その場所でよく釣りをする彼によると、近頃はスズキやサワラが釣れているそうです。しかし、彼はなんとか良い型のスズキを釣り上げたものの、私には何も釣れません。)
Soon the time was up and the boat came back to pick us up. Next I went to under the Mihonoseki Lighthouse in Matsue City by myself, but no fish again. One fisherman who looked frustrated there told me that he had gotten no bite for 5 hours since before daybreak. As usual, I gave up fishing and swam. Then I drove to several fishing villages around the area just to take pictures. I came home after 5 p.m. It was a long day and I was a bit tired.
(すぐに時間が来て、船が私たちを迎えに来ました。私は一人、松江市の美保関灯台の下へ行ってみました。そこでも何も釣れません。がっかりした表情の釣り人がいます。その人は、夜明け前から釣っているのに、5時間もの間、まったく何もかからないそうです。私も釣りをあきらめ、例によって泳ぎました。そして、その地域の漁村をいくつか車で回り、写真を撮りました。帰宅したのは午後5時過ぎでした。とても長い一日で、ちょっと疲れてしまいました。)

Aug 13, 2015

(No. 73) A Roll of Thunder by Omisaki Bridge (大海崎橋にて雷鳴あり)




Last night I finally completed a time-consuming translation project, which I have worked on intermittently since the middle of June. I felt such an enormous sense of release that I declared to myself, “I definitely go fishing tomorrow morning.” However, my mother calmly warned me. “The Obon Holiday starts tomorrow. You never do an act of killing. Even just going fishing is not recommended.” The Obon Holiday is a Buddhist festival held from August 13 to 16. It is for honoring the spirits of ancestors, which are believed to visit their descendants on August 13.
(6月中旬から断続的に進めてきた、時間のかかる翻訳の仕事を、昨夜、ついに仕上げたのでした。その開放感がとても大きかったので、私は宣言しました。「明日の朝、釣りに行くけんね」。しかし母は淡々と警告するのです。「明日はお盆だけん、殺生はいけんわね。釣りになんか行くもんじゃないわね」。お盆というのは仏事の一つで、8月13日から16日まで行われます。子孫に会うため8月13日に戻ってくるという先祖の霊を供養する行事です。)
Since I was a kid, my mother has kept saying the same thing around this time of the year, but I have kept going fishing anyway. This time is not an exception. I went to Omisaki Bridge at Daikon Island in Lake Nakaumi, looking for big Japanese sea bass. The water looked good, and I even saw a few schools of baitfish cause ripples on the surface. But I had to stop fishing after I made just several casts. I started hearing an ominous roll of thunder. The spirits of ancestors might have been angry.
(私が子供の頃から、一年のこの時期になると、母は必ず同じことを言うのでした。しかし私はとにかく釣りに行くのでした。今回も例外ではありません。私は、大きなスズキを求めて、中海の大根島にある大海崎橋へ行きました。湖は良い感じでした。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の群れがいくつか、水面に波紋を立てていたりもします。しかし私は、ほんの数キャストしたところで、釣りを終えねばなりませんでした。不吉な雷鳴が聞こえ始めたのです。先祖の霊が怒ったのかもしれません。)

Aug 4, 2015

(No. 72) No Fish at Uppurui-bana (十六島鼻にて釣果なし)





This morning I went to Uppurui-bana in Izumo City. Uppurui is famous for its delicious seaweed, Uppurui Nori. You are not allowed to fish at Uppurui-bana from November to March because the seaweed grows on the rocky beach in the winter and local residents pick it up along the shore. Today I was heading toward Nitaki, one of the fishing spots in Uppurui-bana. The rocky path is so steep that at one point you have to climb the aluminum ladder that some fishermen kindly left. It was a thrilling trip. However, I could not get to Nitaki because I ended up in the place where I couldn't find a route to it any more. I though I took a wrong path. I turned back.
(今朝、出雲市の十六島鼻へ行きました。十六島(うっぷるい)は、十六島海苔と呼ばれる美味しい海苔で有名です。十六島鼻では、11月から3月までは釣りをすることができません。冬期には岩場に海苔が生え、地元の皆さんが岸沿いに海苔を採られるからです。今日、私は、十六島鼻にある釣り場の一つであるニタキへ向かいました。岩場を通る道はとても険しく、どこかの釣り人が親切にも置いていってくれたアルミのはしごを登らないといけない場所があったりします。スリル満点の道のりです。しかし、私はニタキに到達できなかったのでした。先へと進む道がもうどこにも見当たらない場所に出てしまったのです。間違った道を選んでしまったのだと考え、私は引き返しました。)
Instead I went to Ohbira to which I have been before. Unfortunately there were not so many baitfish. No boil either. I moved to the spot called Nakabasan, the very tip of Uppurui-bana. To the east of Nakabasan, there is a small island called Mashima. I swam across the water with my rod and reel to try my American lures from the island. Unfortunately I caught no fish, but the swimming part was very fun. Just getting to the island is rewarding. After I came home, I looked into the “Sanin Fishing Spot Guidebook”. It says certainly there is the path to Nitaki even when you think you cannot move forward anymore. All that you have to do is to be calm and to look around. I will try again.
(代わりに私は、以前足を運んだことのある大平(おおびら)へ行きました。残念ながら、ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)は多くありません。ナブラも見えません。私は、十六島鼻の最先端である「中ばさん」という場所まで進みました。その東には「ましま」という名の小さな島があります。私は竿とリールを片手で持って島まで泳ぎ渡り、その島からアメリカのルアーを投げてみたのでした。残念ながら何も釣れませんでしたが、島まで泳いだのは、とても楽しかったのでした。島に泳ぎ着くこと自体に、やりがいがありました。家に帰って『山陰の釣り場総覧』を調べてみました。「もうこれ以上は進めない」と思える場所に出たとしても、ニタキへと至る道は確かに存在するのだ、と書かれています。ただ落ち着いて、周囲を見渡せばよいとのこと。また挑戦してみようと思います。)

Aug 1, 2015

(No. 71) No Fish under Fireworks over Lake Shinji (宍道湖に打ち上がる花火の下にて釣果なし)




The annual Suigosai festival in Matsue began today. The word “Suigosai” is a combination of two words, Suigo and Sai. The latter means a festival, so “Suigosai festival” may sound a bit redundant to Japanese speakers’ ears. Suigo means a beautiful countryside along the river or the lake. That is what Matsue is.
(毎年恒例、松江の水郷祭が始まりました。「水郷祭」を英語でいうと「Suigosai festival」となります。しかし、「水郷祭」という語は「水郷」と「祭」の合成なわけですから、「Suigosai festival」という翻訳は「水郷祭・祭り」ということになり、日本語話者にとっては、やや冗長に響くかもしれません。「水郷」というのは「川や湖がそばにある美しい田園地帯」という意味です。まさに松江のことですね。)
Today and tomorrow they set off a total of 13,000 fireworks. People flock to the south and north shores of the lake to enjoy them. This evening I was standing on the small breakwater near the western end of the large crowd in the north shore. The fireworks are so beautiful that Japanese sea bass in the lake must rise to the surface to see them. They must look up at the sky. If I use surface or sub-surface lures, the lure must catch their eye. The fish cannot help biting it. That was my plan, and it didn’t work at all.
(今日と明日、合計1万3千発の花火が打ち上がります。花火見物の人々が、湖の北岸と南岸に押しかけます。私は今夕、北岸に集った人々の西端に近い、小さな防波堤に立っていました。綺麗な花火が見たくて、湖にいるスズキたちも水面に浮上するに違いない。スズキたちは空を見上げるに違いない。したがって、水面あるいは水面直下を泳ぐルアーを使えば、スズキたちの目を引くに違いない。そうなればしめたもの、スズキたちはルアーに食いつかずにはおれまい。というのが私の計画でしたが、まったく当てが外れたのでした。)