About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Oct 31, 2015

(No. 98) No Fish at Uppurui-bana (十六島鼻にて釣果なし)






Today is October 31, which means today is the last day when you are allowed to fish at Uppurui-bana this year. Uppurui in Izumo City is famous for its delicious seaweed, Uppurui Nori. The nori grows on rocky shores in the winter, and local licensed residents pick it up manually. That's why some shores including Uppurui-bana become off-limits to the general public from November 1 to March 31. Today I started fishing at the spot called Ohbira in Uppurui-bana about 6:30 a.m. Then I saw unusual number of fishermen keep coming, but nobody caught any big fish whether with lures or bait. Whoever talked to me said, "Not good today.”
(今日は10月31日です。つまり今年、十六島(うっぷるい)鼻で釣ることが出来る最後の日です。出雲市の十六島は、十六島海苔という美味しい海苔で有名です。この海苔は、冬期に磯で生長し、許可を受けた地元の住民が採取します。そのため、十六島鼻を含むいくつかの海岸は、11月1日から3月31日まで、一般人は立ち入り禁止になるのです。今日の私は、十六島鼻の大平(おおびら)という場所で、朝の6時30分から釣り始めました。いつも以上の数の釣り人がやって来ますが、ルアー釣りであってもエサ釣りであっても、大きな魚を釣る人はいません。誰と話しても「今日はダメですわ」と言うのでした。)
I kept moving around in Uppurui-bana. I moved to the tip of Nakabasan (a bit scary because of the rough sea), then moved back to Ohbira, then moved to Nishigaiwa as I kept casting lures tenaciously until about 11 a.m. Finally, I drove to Uppurui Harbor. I tried from its biggest breakwater for a while. It was already afternoon. I was tired and did not feel I would catch fish. If it had been a normal day I would have already been on my way home, but today is a special day, so I had lunch and took a rest in nearby town Hirata. I soaked in a hot spring in Yurari, a public bath in Hirata. In my humble opinion, it is one of the best hot springs in Japan. Revived by it, I came back to Uppurui-bana at 4 p.m. and kept casting until sunset. There were some new fishermen, and whoever talked with me said, "Not good today.” I had to agree with them.
(私は十六島鼻を移動し続けました。「中ばさん」の先端へ行き(海が荒れていたので少し恐怖を感じました)、大平に戻り、そして西ケ岩へ行き、粘り強く午前11時までルアーを投げました。それから車に乗り、十六島港へ行きました。そこの一番大きな防波堤からしばらく釣りました。既に午後になっていました。私は疲れており、魚が釣れる気はしませんでした。ふだんなら、もう帰路についているところですが、今日は特別な日ですから、私は最寄りの平田という町で昼食を取り、休憩しました。平田にある公衆浴場「ゆらり」で温泉に入ったのです。私の考えを言わせてもらえば、ここの温泉は日本有数のものだと思います。温泉に入って生き返った私は、午後4時に十六島鼻に戻り、日没まで釣りました。新たに十六島鼻に来ていた釣り人もいました。その誰と話しても「今日はダメですわ」と言うのでした。私も同意せざるを得ませんでした。)

Oct 30, 2015

(No. 97) Consecutively No Fish at Kurauchi Bay (倉内湾にて引き続き釣果なし)




I was so impressed with the churning white water in Kurauchi Bay yesterday that I visited the bay again this afternoon. The water looked the same as yesterday. This kind of churning white water is called sarashi in Japanese. Today I was alone there. Standing on the spot where another fisherman was standing yesterday, I started fishing about 4 p.m. Then, I gradually moved eastward and finally got to the spot called Kawashimo according to the useful “Sanin Fishing Spot Guidebook.” I didn’t catch any fish, and I didn’t like to go all the way back. So I climbed up bushy slope forcefully to the road in the mountain, which leads to my car.
(倉内湾で昨日見た、激しくかき混ぜられた白い水がとても印象的だったので、私は今日の午後、再び湾に出かけました。海は昨日と同じように見えました。このように激しくかき混ぜられた白い水のことを、日本語では「サラシ」と言います。今日は私は一人ぼっちでした。昨日、もう一人の釣り人が立っていた場所に立ち、午後4時頃から私は釣り始めました。そして少しずつ東に移動して行き、有益なガイドブック『山陰の釣り場総覧』によれば、川下と呼ばれる場所に着きました。魚は何も釣れず、私は来た道をはるばる引き返したくはありませんでした。ですので、やぶだらけの斜面を、山中の道路まで力づくで登り、車に戻ったのでした。)

Oct 29, 2015

(No. 96) No Fish at Kurauchi Bay (倉内湾にて釣果なし)





It was so windy today that I was sure the sea was rough. Usually I don’t go fishing with this strong wind, but this morning I managed to finish one tough job and I felt like congratulating myself. So I drove to Etomo Harbor this evening. Just as I feared, the wind was strong and the waves were high. Some spots from which you can narrowly cast lures were occupied. I drove to Tayu, a small and beautiful harbor to the east of Etomo, but no spot was available. Then, I drove to Kurauchi Bay between Tayu and Kataku. There was one fisherman on the tip of a rock. Avoiding the high waves, he was casting lures. I walked down to another rock. The sea was very rough. I thought maybe I would catch a nice Japanese sea bass because they like churning white water like this. I fished for about one hour until sunset, but I didn’t catch any fish.
(今日は風がとても強かったので、海はきっと荒れているに違いないのでした。ふだんなら、これだけ風が強い日には釣りには行きませんが、今朝、厄介な仕事をひとつ片付けた私は、自分自身を祝福したい気分でした。ですので今夕、恵曇港に行ったのです。恐れていた通り、風が強く波も高いのでした。ルアーを何とか投げられる場所は既に埋まっています。私は、恵曇の東にある小さな美しい港、手結に移動しました。どの場所も埋まっていました。続いて、手結と片句の間にある倉内湾に行きました。岩の端っこに一人の釣り人がいます。高波を避けながら、彼はルアーを投げています。私は別の岩に降りて行きました。海はとても荒れています。良い型のスズキが釣れるかもしれないと思いました。スズキは、このように激しくかき混ぜられた白い水が大好きなのです。日没までの1時間ほど釣りをしましたが、何も釣れなかったのでした。)

Oct 25, 2015

(No. 95) No Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて釣果なし)



The weather forecast said the height of waves this weekend would be about 2.5 meter. It also said the waves would come with swells. It would be dangerous to fish standing on a rocky area that directly faces the current of ocean, such as Ohtoko-bana. In addition, due to my work schedule, I had no choice but to go to only a nearby spot. So I went to Koura Public Beach and Etomo Harbor before sunset this Saturday and Sunday. I spent most of my time in casting lures from Nanbo, one of the breakwaters of the harbor. There were a few lure fishermen as well as some bait fishermen on Nanbo on both days, but I didn’t see any lure fishermen catching fish except one guy who caught a small fish that looked a barracuda.
(天気予報によれば今週末の波の高さは2.5メートルになるとのことでした。しかも、うねりを伴うとのこと。そうなると、例えば大床鼻のような、大海の潮流にじかに接している磯に立って釣りをするのは危険です。さらに、仕事のスケジュールの関係で、私が行くことができるのは、どこか近くの釣り場に限られました。ですので私は、この土日の夕方、古浦海水浴場と恵曇港に行きました。そして主に、恵曇港の防波堤の一つ、南防でルアーを投げました。両日とも、南防には数人のルアー釣り師とエサ釣り師がいましたが、どうやらカマスのように見える小さな魚を釣った一人を除き、ルアー釣り師に魚が釣れているのを見ることはありませんでした。)

Oct 23, 2015

(No. 94) One Small Bite at Ohtoko-bana (大床鼻にて小さなバイトひとつ)





I have not gone to Ohtoko-bana in Izumi City since I found more convenient fishing spots in the vicinity, such as Ichinose. It takes around 20 minutes to walk down to Ohtoko-bana from a small parking space on the hillside. You have to walk along the path on the slope and climb down the rocky valley to the wild fishing spot. When driving toward Ichinose this morning, I got a sudden change of heart and turned to my left toward Ohtoko-bana. Unexpectedly I was the first person to arrive at the spot. I started fishing shortly after sunrise. I didn’t see any action for a while. Neither baitfish nor birds were spotted.
(出雲市の大床鼻にしばらく行っていませんでした。その近隣に、一の瀬のようなもっと便利な釣り場を見つけてしまったからです。大床鼻へ行くには、山の中腹にある小さな駐車スペースから約20分歩きます。斜面に沿って小道を行き、岩だらけの谷を下って初めて、あの豪快な釣り場に出られるのです。今朝、一の瀬に向かって運転していた私は、突然心変わりし、左折して大床鼻へ向かいました。思いがけないことに、私が一番乗りでした。釣り始めたのは、日が昇ってからでした。しばらくは何も動きがありません。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)もいなければ、鳥もいません。)
But around 7 a.m. something bit my Super Strike Little Neck Popper. Although it was a small bite and probably the fish was not very big, I got pumped up. Unfortunately nothing followed. Before 9 a.m. one bait fisherman came to the spot. He said he had kept coming here to catch striped beakfish. The record of the fish in Japan (84.5 cm) was established here in 2010. That is another reason why Ohtoko-bana is famous. After enjoying the chat with this talkative and friendly fisherman, I left the spot all to himself.  
(しかし7時頃、スーパーストライク・リトルネックポッパーにバイト(魚がルアーを噛むこと)がありました。それは小さなバイトで、おそらくその魚はそれほど大きくないと思われますが、私のやる気は俄然、盛り上がりました。でも残念ながら、その後が続きません。9時前にエサ釣り師が一人やってきました。彼は、イシダイを釣るため、しばらくこの釣り場に通っているそうです。2010年、日本記録(84.5 cm)のイシダイがここで釣られたのでした。これもまた大床鼻が有名な理由の一つです。話好きで友好的なその釣り師とおしゃべりを楽しんだ私は、釣り場を彼に独占してもらったのでした。)

Oct 21, 2015

(No. 93) No Fish at Koura Public Beach and Nanbo in Etomo Harbor (古浦海水浴場と恵曇港の南防にて釣果なし)





The weather was so beautiful today that I went to Koura Public Beach before noon. It was already late October and I was not sure I would swim today, but everything looked so summery at the sandy beach that as soon as I saw the beautiful water I realized I would swim sooner or later. First I went to the rocky area next to the beach to fish. Soon one of my favorite lures was stuck at a rock in the shallow water.
(今日はとても快適な天気だったので、お昼前に古浦海水浴場に行きました。もう10月の後半ですから、水泳をするかどうかは決めていませんでした。でも、ビーチのすべてがあまりにも夏っぽく、私は、美しい海を見た瞬間、遅かれ早かれ自分は必ず泳ぐだろうと思いました。まず、ビーチの隣にある岩場へ行き、釣りをしました。そのうち、私のお気に入りのルアーの一つが、浅瀬の岩に引っかかってしまいました。)
I could see the lure through the water but couldn't retrieve it. I had to swim toward the rock. I successfully saved the lure, Super Strike Zig Zag, but I failed to catch fish. I found consolation in swimming at the beach. Then I moved to the tip of Nanbo, one of the breakwaters in Etomo Harbor. It was still around 1 p.m. So I didn't feel I would catch any fish soon. As I cast lures sporadically, I took a nap, read a book (Thomas Pynchon’s Mason & Dixon), and started writing this post with my iPhone 4S. Finally the evening came and I kept casting lures until sunset, but in vain.
(海中に沈むルアーが見えますが、回収はできません。私はその岩まで泳がざるを得ませんでした。そのルアー、つまりスーパーストライク・ジグザグの救出には成功しましたが、魚は釣れませんでした。私はビーチで泳いで、自分を慰めました。そして恵曇港の防波堤の一つ、南防へ行きました。まだ午後1時頃だったので、すぐに魚が釣れるとは思えませんでした。ルアーを時折投げなら、昼寝をし、本を読み(トマス・ピンチョンの『メイスン&ディクスン』)、iPhone 4Sを使ってこのブログを書き始めたりしました。ついに夕方になり、私は日没までルアーを投げ続けましたが、何も釣れないのでした。)

Oct 18, 2015

(No. 92) Tawny Grouper at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にてクエ)






I have worked so hard this weekend that I felt I needed a short break this afternoon. So I went to Etomo Harbor this evening. Before casting my lures, I found an empty beverage can left on Nanbo, one of the breakwaters in the harbor. Of course I picked up the can. Then, I started casting my lures from the tip of the breakwater. I saw some small predatory fish chasing baitfish on the surface. They seemed young Japanese sea bass. One young lure fisherman who came later and kept casting a small vibration plug caught one of them just before sunset.
(今週末はずっと忙しく働いていたため、今日の午後は、ちょっと休みを取る必要があるように思いました。そこで夕方、恵曇港に行ったのでした。ルアーを投げる前、恵曇港の防波堤の一つである南防で、コーヒーの空き缶が捨てられているのを見つけました。もちろん私は空き缶を拾いました。そして、その防波堤の先端からルアーを投げ始めたのです。捕食性の小さな魚が、水面でベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)を追い回しています。どうもセイゴ(スズキの子供)のようです。後からやって来て、小さなバイブレーションプラグを投げていた若いルアー釣り師が、日没の直前にそのセイゴを釣りました。)
I didn’t have any small plugs. Instead, I took out a Northbar Bottledarter, whose size is 18 cm in length and 2.5 oz. in weight. It is almost as big as the young Japanese sea bass. Just at sunset, when I was about to give up fishing, I hooked something. It pulled hard. I thought it was a medium-sized Japanese sea bass, but actually it was a tawny grouper of 42 cm (17 in.). Do you remember my “Those who pick up the litter will be rewarded” theory, which I explained in my past posts No. 85 and 86? Well, this evening the theory seemed to prove right again.
(私は小さなプラグを一切持っていません。かわりに、長さが18センチで重さが70グラムのノースバー・ボトルダーターを取り出しました。釣れたセイゴと、ほとんど同じ大きさのルアーです。日が没し、そろそろ釣りを切り上げようと思った時、何かがかかりました。強く引きます。中型のスズキではないかと思いましたが、42センチのクエでした。皆さんは、No. 8586の投稿で私が説明した理論、「ゴミを拾った者にはご褒美がある」を覚えていらっしゃるでしょうか? どうやら今夕、この理論の正しさがまたもや証明されたようです。)

Oct 14, 2015

(No. 91) No Fish at Ichinose in Koizu and around Mitsu Harbor (小伊津の一の瀬と三津港の周辺で釣果なし)




Today I was the first to arrive at Ichinose in Koizu, Izumo City. I started fishing when it was getting light before 6 a.m. Then, one lure fisherman and a few bait fishermen came to the spot. I stayed there until about 7 a.m. and it seemed nobody caught any fish. After chatting two other fishermen briefly, I left the spot and drove toward Mitsu Harbor. Leaving my car where the paved road ends, I walked to Setokaze-bana, where I had gotten a strong bite last time, but this time there was neither bite nor fish.
(今日は、出雲市の小伊津にある釣り場、一の瀬に一番乗りでした。明るくなり始めた午前6時前、私は釣りを開始しました。それから、一人のルアー釣り師と数人のエサ釣り師がやってきました。私は7時前までそこにいましたが、誰にも何も釣れていないようです。二人の釣り人と軽くおしゃべりをしてから、私はそこを離れ、車に乗って三津港方面に向かいました。舗装路が終わっているところで車を下り、瀬戸風鼻まで歩きました。前回、強烈なバイトがあった釣り場です。しかし今回は、バイトもなく魚も釣れません。)
I walked to Nakanoshima, where the following strong wind was slightly sideways, so that I had trouble in controlling my line to keep it from touching an isolated rock to my right. I walked back to Setokaze-bana. No fish again. I drove to Takase, a big rock at the east end of Mitsu Harbor. No fish here, either. It was almost 9 a.m. when I drove back to Ichinose. Then I kept casting my lures tenaciously for 30 minutes. Just when I finally gave up and decided to go home, I saw a boil over which a few seagulls were hovering. The boil disappeared instantly, but it extended my stay for 10 minutes in vain.
(私は中の島という釣り場まで歩きました。強い追い風が少し斜めに吹いているため、右手にある孤立した岩に釣り糸が触れないよう操作するのが難しい状況でした。私は瀬戸風鼻まで戻りました。しかし、またもや何も釣れません。車に乗り、三津港の東端にある巨岩、高瀬と呼ばれる釣り場に行きました。ここでも何も釣れません。車に乗って一の瀬まで戻った時には、もう午前9時になっていました。私は執念深く30分間、ルアーを投げ続けました。ついにあきらめて家に帰ることにしたちょうどその時、ナブラが立ち、数羽のカモメが上空を舞っているのが見えました。ナブラはすぐに消えましたが、おかげで私の滞在は無駄に10分間、延長されてしまったのでした。)

Oct 12, 2015

(No. 90) No Fish at Sanami Harbor (佐波港にて釣果なし)



Although it rained on and off today, I went to Sanami Harbor this evening and fished for 2 hours before sunset. When I come to the place, it is usually for going to Taka-hana or Sakitaka-hana over the harbor. If you want to catch stronger fish such as a yellowtail amberjack or a red sea bream, you should go to those spots where the water is deeper and the current can be stronger. That’s what the “Sanin Fishing Spot Guidebook” says. This useful guidebook also says you can catch Japanese sea bass inside the harbor if the ocean is stormy and there is a rain. Today it rained and the sea was choppy. It might not have been stormy but at least it was not calm. So I hoped I might catch the fish, but I didn’t. I will wait for another storm.
(今日は雨が降ったり止んだりしていましたが、夕方、佐波港に行き、日没までの2時間、釣りをしました。私がこの場所に来る時、それはだいたい、港の向こうにある高鼻か先高鼻に行くためです。ヒラマサや真鯛のような、より強い魚を釣りたいのならば、水深があり、潮の流れも強くなるそうした場所に行かねばなりません。『山陰の釣り場総覧』にはそう書かれています。この有益なガイドブックにはまた、外海が時化(しけ)ていて雨が降った時には、港の内部でスズキが釣れるとも書かれています。今日は雨が降りましたし、海も波立っていました。時化ではなかったかもしれませんが、少なくとも凪(なぎ)ではありませんでした。ですから、スズキが釣れるかもしれないと期待しましたが、釣れませんでした。嵐が来るのを待ちます。)

Oct 10, 2015

(No. 89) No Fish at Ichinose in Koizu (小伊津の一の瀬にて釣果なし)


We arrived at Ichinose in Koizu, Izumo City, about 5 a.m. I was with a friend of mine, who had introduced me to fishing in Sakaiminato City this year. Today I introduced him to Ichinose. It was still very dark when we arrived, but we could tell even from the parking space that the swell was strong and the waves swept across the rocks sporadically. We came closer to the edge of rocks and waited for dawn. There was one lure fisherman before us, who did the same as we did. When it was getting light, we started casting our lures while keeping an eye on the swell and waves. The friend of mine got a faint bite. It was probably a Japanese Spanish mackerel because he found a tooth mark on the lure. A bait fisherman who came later caught a yellowtail amberjack, and another lure fisherman caught a Japanese Spanish mackerel, but we didn’t catch any fish. We quit about 8:30 a.m. because the swell got even stronger. Of course, we vowed to take revenge.
(私たちが出雲市の小伊津にある釣り場、一の瀬に到着したのは午前5時頃でした。今年になって境港市での釣りを私に紹介してくれた友人が一緒でした。今日は私が一の瀬を紹介する番です。到着した時はまだ真っ暗でしたが、うねりが強く、時々、波が岩場を洗っていることが駐車場からでも分かりました。私たちは岩場の端に近づき、夜明けを待ちました。私たちの前に、1人のルアー釣り師がいて、私たちと同じように待機しています。明るくなると私たちは、うねりと波に注意しながら、ルアーを投げ始めました。友人にかすかなバイト(魚がルアーを噛むこと)がありました。ルアーに歯形が付いていたそうなので、どうやらサワラのようです。遅れてやって来たエサ釣り師がヒラマサを、別のルアー釣り師がサワラを釣りましたが、私たちには何も釣れません。うねりがいっそう強くなったので8時30分に切り上げました。もちろん私たちはリベンジを誓いました。)

Oct 7, 2015

(No. 88) Strong Bite around Mitsu Harbor (三津港の周辺にて強いバイトあり)





Before 6 a.m. I passed by Mitsu Harbor in Izumo City to start fishing at the spot called Setokaze-bana. As soon as I started casting my Hopkins No=Eql against the wind, I felt a bite. It was such a strong but brief tug that I was almost stunned. Unfortunately the fish (or some powerful creature) was not hooked. Soon the head wing got unbearably strong, so I walked westward to another spot called Nakanoshima. There was one pair of lure fishermen nearby, but it was only 7:30 a.m. when they quit fishing and went back. They might have concluded no fish would be caught today. I stayed a bit longer but in vain. Thinking that the pair must have been a regular here, I went back to my car, too. Then, I drove to the spot called Takase, a big rock at the east end of Mitsu Harbor. Hoping I would feel another strong bite, I kept casting until 9:30 a.m. but nothing happened.
(午前6時になる前に、私は出雲市の三津港を通過し、瀨戸風鼻と呼ばれる場所で釣り始めたのでした。ホプキンス No=Eqlを投げ始めるやいなや、バイト(魚がルアーを噛むこと)を感じました。それは、私を唖然とさせるほど力強く、そして短い引きでした。残念ながらその魚は(あるいは何らかの強力な生物は)針にかかりませんでした。間もなく向かい風が耐えられないほど強くなったので、私は西方へ歩き、中の島という別の釣り場に行きました。二人組みのルアー釣り師が近くにいましたが、まだ7時30分だというのに、もう釣りをやめて帰ってしまうのでした。今日は何も釣れないと見切ってしまったのかもしれません。私は少し粘りましたが、ダメでした。「あの二人組みは、ここの常連に違いない」と考えながら、私も車に戻りました。そして、三津港の東端にある巨岩、高瀬と呼ばれる釣り場に行きました。強烈なバイトがまた来ないかな〜と思いながら、そこで9時30分まで粘りましたが、何も来なかったのでした。)