About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Aug 31, 2016

(No. 199) No Fish at Sanami and Kaka Harbors (佐波港と加賀港にて釣果なし)




I usually don’t go night fishing, but today I arrived at Sanami Harbor after 7 p.m.  As I have mentioned in one of my previous posts, the very useful “Sanin Fishing Spot Guidebook” says that you can catch Japanese sea bass inside the harbor when the sea outside the harbor is rough. Since I read this description, I have been intrigued. Sanami Harbor is a pretty small harbor and I have not caught anything in it. So I have wondered where the Japanese sea bass would come from. Typhoon No.10 just passed by, but the sea must have stayed rough. They say you can catch more Japanese sea bass at night. So I thought tonight was the best opportunity to finally catch the fish at Sanami Harbor.
(私はだいたい夜釣りはしないのですが、今日は午後7時過ぎに佐波港に到着しました。以前の投稿でも触れたように、とても役立つ『山陰の釣り場総覧』によると、外海の時化(しけ)た時、佐波港内ではスズキがよく釣れるのだそうです。その記述を読んで以来、私は興味を抱いています。佐波港はかなり小さい港で、私はそこで何も釣れたことがありません。ですので、いったいどこからスズキたちがやって来るのかと不思議なのです。台風10号は通り過ぎましたが、海はまだ荒れているはずです。スズキは夜によく釣れる魚だと言われます。私は、今夜こそ、佐波港でスズキを釣る絶好の機会だと思いました。)
The wind was very strong at the harbor and nobody was around. Surrounded with the ominous-looking and sinister-sounding woods, I was completely alone. I couldn’t stay there very long. As soon as I took a picture of a barracuda or needlefish that happened to swim along the shore, I left the harbor as if running away from ghosts. I drove to Kaka Harbor, which is much bigger with more traffic. There were a lot of small fish around the jetty of the harbor. I was alone again, but I kept casting my lures for a longer period under the encouraging light of the jetty. I usually don’t go night fishing and unfortunately I couldn’t catch any fish tonight, but sometimes it is nice to do unusual things.
(佐波港では強風が吹きすさび、私の周囲には誰もいないのでした。不吉な音を立てる不気味な雰囲気の林に囲まれて、私は完全に一人ぼっちでした。長く留まることはできませんでした。たまたま岸沿いを泳いでいたカマスかダツの写真を撮るやいなや、まるで幽霊に追いかけられているかのように、私は港を離れました。そして加賀港に行きました。ずっと大きくて、交通量も多い港です。その突堤の周辺では、たくさんの小魚が泳いでいました。私はここでも一人ぼっちでしたが、勇気づけてくれる突堤の照明の下で、より長い時間、ルアーを投げ続けました。ふだんはあまり夜釣りをしませんし、あいにく今晩は何も釣れませんでしたが、たまには変わったことをするのも良いものです。)

Aug 26, 2016

(No. 198) No Fish at Nitaki in Tayu (手結のニタキにて釣果なし)






I woke up earlier than usual, at 3:40 a.m., to be the first fisherman who would arrive at Nitaki in Tayu today. I had wanted to fish from Nitaki in my last two outings, but the spot had been already occupied on both occasions. Today finally I became the first to arrive at the spot, but it was a close contest. As soon as I got off my car at one of parking lots around Tayu Harbor, a car arrived and the driver turned out to be another lure fisherman who also planned to fish from Nitaki. Eventually the lure fisherman and I peacefully shared the spot with Shun-san, a fishing buddy of mine who came later to Nitaki.
(今日は、手結のニタキに一番乗りするために、いつもより早い時刻、午前3時40分に起きました。前回および前々回の釣行でも、私はニタキから釣りたかったのですが、2回とも、先客がいらしたのでした。今日はついに一番乗りを果たしたのですが、きわどい勝負でした。手結港にある駐車場の一つで車を降りるやいなや、別の車がやって来て、運転されていたのは、私と同様にニタキでの釣りを計画されていたルアー釣り師だったのです。結局、この方と私は、遅れてやって来た私の釣り友達であるShunさんも含めて、仲良くニタキで釣りをしたのでした。)
The three of us cast our favorite lures while enjoying comfortable chats very much. In the water plenty of small fish such as the pearl-spot chromis were swimming comfortably, too. They might have known no predatory fish such as the yellowtail amberjack was around. The sea was so calm and peaceful that I enjoyed swimming much more than fishing. The local professional fisherman, whom I had met about two weeks ago in the water around Takanishi, slowly swam toward us. I had a nice chat with him, too, and then took pictures of him picking turban shells. He was surrounded by plenty of the pearl-spot chromis.
(私たち3人は、気楽な会話を大いに楽しみながら、お気に入りのルアーを投げました。海の中でもまた、スズメダイのようなたくさんの小魚が気楽に泳いでいました。小魚たちは、ヒラマサのような肉食魚が周囲にいないことを知っていたのかもしれません。海はとても穏やかで平穏でしたので、私は釣りよりも、水泳を大いに楽しみました。地元の漁師さんが、ゆっくりと私たちの方に泳いでこられました。2週間ほど前に高西の周囲の海中でお会いした方でした。私はこの漁師さんともおしゃべりをし、そしてサザエを獲られているところを撮影しました。たくさんのスズメダイが漁師さんを囲んでいるのでした。)

Aug 24, 2016

(No. 197) No Fish at Takanishi in Tayu (手結の高西にて釣果なし)




As soon as I found a bait fisherman already occupied Nitaki in Tayu at 5 a.m., I turned back in the woods and went to Takanishi instead. There was no one at the spot, but soon after I started fishing, a pair of lure fishermen and then Shun-san, one of my fishing buddies, came to the spot. He gave me discouraging information. He said he had heard that schools of sardines, which could be good baitfish for yellowtail amberjacks, were not around the Sanin Region, where we live, but around Kyushu Island. “Even so, you go fishing,” I said. He replied, “Only after you cast a lure can you know for sure.” So we cast our lures, and we knew there was no fish around. Instead, we caught a lot of seaweeds. Later I talked to the pair of lure fishermen, who managed to cast lures from rocks that looked less convenient, and I found that they were out of luck, too.
(午前5時、エサ釣りの方が既に手結のニタキに入っていらっしゃるのが見えたので、私は林の中を引き返し、代わりに高西へ向かったのでした。そこには誰もいませんでしたが、私が釣りを始めるとすぐに、二人組みのルアー釣り師と、続いて、釣り友達の一人であるShunさんがやって来られました。そして、やる気を萎えさせてしまうような情報が、Shunさんからもたらされました。ヒラマサにとって良いベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)となるイワシの群れは今、私たちの住む山陰地方ではなく、九州地方にいるそうなのです。「たとえそうであっても、釣りには来るわけですね」と私はShunさんに言いました。すると彼は「釣りは投げてみないと分かりませんから」と言うのでした。で、私たちはルアーを投げてみて、そして、確かに魚はいないことを知りました。代わりに、たくさんの海草が釣れました。その後、釣りにくそうな岩の上から頑張って投げておられた二人組みのルアー釣り師とも話したのですが、彼らもまた、幸運には恵まれなかったことが分かりました。)

Aug 19, 2016

(No. 196) Baby Barracuda at Takanishi in Tayu (手結の高西にて小さなカマス)





I wanted to fish from Nitaki in Tayu this morning, but I found there were already two lure fishermen at the spot as soon as I got out of the woods and looked down at the shore. I turned back and took another path halfway in the woods. Fortunately nobody was at Takanishi. I started casting my American pencil popper at 5:30 a.m. The waves were higher than yesterday. It looked more promising, but nothing happened to my topwater plugs. When I turned around, I found Shun-san, one of my fishing buddies, came to the spot. “Shun-san, you really love fishing, don’t you?” I said. “Look who’s talking?” he replied.
(今朝は手結のニタキで釣りたかったのですが、林を抜けて海岸を見下ろしてみると、そこには既に、二人のルアー釣り師の姿があったのでした。私は引き返し、林の中にある別の道を行きました。幸運なことに、高西には釣り人の姿はありません。私は午前5時30分にアメリカのペンシル・ポッパーを投げ始めました。波は昨日よりも高く、希望がもてそうでしたが、私のトップウォーター・プラグには何も起きないのでした。振り返ると、釣り友達の一人であるShunさんが到着されていました。「Shunさんも、好きですねぇ」と私が言うと、Shunさんは「それはお互い様ですよ」と言うのでした。)
Both of us were chasing a big yellowtail amberjack. Around 7 a.m. Shun-san caught a small Japanese amberjack with a Japanese metal jig. I had been casting big American plugs, but succumbed to the temptation. I took out a Sea Striker Got-cha 1400 plug, which is much smaller than my other plugs. Soon I hooked a baby barracuda. The fish was so tiny that the damage from being caught seemed too big for it to bear. It could not swim after I released it. It just floated on the surface, lying on its silver side. “Please. Please. You can do it. Please,” I said. Then, the silver color slowly disappeared, and the fish came back to the normal posture. I was relieved. The fish swam back to the sea.
(私たちは二人とも、大きなヒラマサを狙っていました。7時頃、日本製のメタルジグを使って、Shunさんがワカナ(若いブリ)を釣りました。私は大きなアメリカ製プラグを投げていましたが、誘惑に屈してしまいました。他のプラグよりもずっと小さい、シーストライカー・ガッチャプラグ1400を取り出したのです。すると間もなく、小さなカマスが釣れました。あまりにも小さいため、釣られてしまったダメージに耐えることが出来なさそうでした。海に逃がしましたが、泳げないのです。銀色の横腹を見せて、ただ水面に浮かんでいます。「がんばれ。がんばれ。頼むから泳げ。がんばれ」と私は言いました。すると、銀色がゆっくりと見えなくなり、カマスは通常の姿勢に戻りました。私は、ほっとしました。カマスは海中へと泳いでいきました。)

Aug 18, 2016

(No. 195) No Fish at Takanishi in Tayu (手結の高西にて釣果なし)




As I have mentioned several times in this blog, the “Sanin Fishing Spot Guidebook” is a very useful and laborious work. To be exact, it is a guidebook in five volumes, and each volume is being sold separately. The volume 2, which covers Tottori Prefecture, was sold out when I came back to Japan, but fortunately I have all of the rest. This morning I intended to go to Oome in Tayu, the description about which in the guidebook had intrigued me. However, I had to turn back halfway. The path to Oome seemed blocked with a stick. In addition, as the guidebook wisely cautions, you have to walk on private road first to get to Oome, and I felt as if I had been walking in the middle of a living room. I don’t think I will have a chance to fish from Oome.
(このブログで何度も触れている通り、『山陰の釣り場総覧』は非常に有用な労作です。正確に言うと、これは5巻からなるガイドブックであり、それぞれの巻ごとに販売されています。私が帰国した時には、鳥取県の釣り場を扱う第2巻は売り切れていましたが、幸いなことに残りの4巻をすべて入手できました。今朝は、手結にある大目という釣り場へ行くつもりでした。このガイドブックにある説明を読み、興味を引かれたのです。しかしながら私は、途中で引き返さざるを得ませんでした。大目に至る小道は、どうやら棒でふさがれているようなのです。さらには、このガイドブックが賢明にも注意を喚起している通り、大目に行くにはまず民家の私道を歩かねばならず、私はまるでどこかのお宅の居間の中を歩いているような気になったのでした。大目で釣りをする機会は、どうも持てそうにありません。)
Instead, I went to Takanishi in Tayu. Because I spent considerable amount of time around Oome, I arrived at the spot after 6 a.m. I might have missed the best time for fishing. I gave up fishing much sooner than usual and turned back. When I was swimming just outside the east breakwater of Tayu Harbor, I saw two young fishermen walking toward Enobori.
“It seems pleasant to swim,” one of them said to me.
“Indeed it is,” I replied.
“Can we get to the tip?” he asked.
“Yes you can, but you cannot keep going straight. You have to climb the hill to get to the spot.”
9 days ago I kept going straight without knowing I had to climb the hill. As a result, I fell into the water. This morning I felt as if I had done a little life-saving act.
(代わりに私は手結の高西へ行きました。大目の周辺でかなり時間を費やしたため、釣り場に到着した時は午前6時を過ぎていました。いちばん良い時間は逃してしまったのかもしれません。私はいつもより早く釣りをあきらめて、引き返しました。そして、手結港の東の波止のすぐ外側を泳いでいる時、二人の若い釣り人が犬堀に向かっていくのが見えたのです。
「気持ち良さそうですね」と、一人が私に言いました。
「気持ち良いですよ」と、私は答えました。
「先端まで行けますかね?」と、彼が尋ねました。
「行けますよ。でも、まっすぐ歩いていってはダメです。途中で丘を登ってください」
9日前、丘を登らないといけないことを知らなかった私は、まっすぐに歩いて行った結果、海に落ちたのでした。今朝は、ちょっとした人命救助をしたような気になりました。)