About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Dec 31, 2016

(No. 238) No Fish at Niregi-no-hato in Owashi Harbor (大芦港の「楡木の波止」にて釣果なし)




I arrived at the parking space overlooking Susumi Bay in Owashi area around 6 a.m. and I soon abandoned my original plan of walking down to Maruiwa or Susumi-hana to try to catch amberjacks or Japanese sea bass. Indeed the waves were a bit too high, but I might have walked down to the spots if I had not experienced the event that had happened at Etomo Harbor three days ago. There seemed lingering after-effect of the tragedy in me, and I decided to fish at a safer spot. I drove to Niregi-no-hato, a breakwater in Owashi Harbor. When I arrived at the spot before dawn, there was one fisherman around. Actually it was not a fisherman but a fisherwoman. It is rare to see a lady at a fishing spot before dawn.
(午前6時頃、大芦地区の須々海湾を見下ろす駐車スペースに到着した私は、丸岩あるいは須々海鼻にまで降りていって、ヒラマサやブリ、そしてスズキを釣るという当初の計画をあきらめることにしました。たしかに波はちょっと高過ぎたのですが、3日前に恵曇港で起きた出来事をもしも経験していなかったのなら、私は計画通りに、下まで降りていったかもしれません。私の中には、まだあの悲劇の余波があるようなので、もっと安全な場所で釣ることにしたのです。私は、大芦港の防波堤、楡木の波止へ向かいました。夜明け前に釣り場に到着すると、一人の釣り人(フィッシャーマン)の姿がありました。しかし実は、その釣り人はフィッシャーマンではなくフィッシャーウーマンでした。夜明け前の釣り場で女性をお見かけするのは珍しいことです。)
I cast my favorite American lures from a variety of places on the breakwater, but no fish hit my lures. I talked to the fisherwoman and she friendlily showed me her catch, delicious fish called Mutsu. On the other hand, there seemed to be no fish that might attack my big plugs. So I drove around in the area to look for more productive spots. Unfortunately, all the potential spots were already taken. I came back to Niregi-no-hato, and a pair of lure fishermen soon came to the spot. They were friendly, too. I showed them my American lures and offered a chance to use them. One of the pair started using my Super Strike Zig Zag. He said he had started lure fishing just recently. So I gave the lure to him as a kind of souvenir. Today I had a nice chat with a fisherwoman and I gave one of my favorites to a good beginner. What a nice way to close the last fishing in 2016!
(私は防波堤上の様々な場所から、お気に入りのアメリカのルアーを投げましたが、私のルアーを襲う魚はいません。フィッシャーウーマンに話しかけると、友好的な彼女は、釣れた魚を見せてくれました。ムツと呼ばれる美味しい魚です。一方で、私が使うような大きいプラグを襲う魚はいないようです。そこで私は、そういう魚がいそうな場所を探すために、車で周囲を回ってみました。可能性のありそうな場所には、既に他の釣り人の姿がありました。楡木の波止に戻ると、すぐに二人組みのルアー釣り師がやって来られました。彼らもまた友好的な方々でした。私は彼らにアメリカのルアーを見せて、自由に使っていいですよと申し出ました。お一人が、スーパーストライク・ジグザグを使われ始めました。この男性がルアー釣りを始められたのは、つい最近のことだそうです。そこで私は、一種の記念品として、そのルアーを贈呈することにしました。今日は、フィッシャーウーマンとお喋りできただけでなく、善良な初心者の方に、お気に入りのルアーの一つを差し上げることもできたわけです。2016年最後の釣りを締めくくるにあたって、なんと素敵なやり方だったことでしょう!)

Dec 28, 2016

(No. 237) No Fish at Kurauchi Bay and Etomo Harbor (倉内湾と恵曇港にて釣果なし)




Due to my busy work schedule toward the end of the year and a stubborn cold that I had caught 6 days ago, I could not go fishing for a while, but today I felt I really needed a break and finally my persistent cough was almost gone. So I drove to Kurauchi Bay this afternoon with eager anticipation that the rough water might give me a big Japanese sea bass. I arrived at the bay about 4:30 p.m. Indeed, the sea was rough, but it was too rough for me. I felt almost scared that I gave it up soon after making only several casts. I drove to Etomo Harbor. The sea was so rough that I thought I might catch a nice Japanese sea bass inside the harbor just as I had done about 20 days ago. 
(年末に向けての忙しい仕事のスケジュールと、6日前にひいた長引く風邪のせいで、しばらく釣りに行けませんでしたが、今日はどうしても休憩が必要な気になり、そしてついに、しつこい咳もどうやら出なくなったのでした。そこで午後、私は、倉内湾へ向かいました。海が荒れているので、良い型のスズキが釣れるのではないかと大いに期待していました。午後4時30分頃に倉内湾に到着です。海は確かに荒れていましたが、私にとっては荒れ過ぎでした。私はほとんど怖気づいてしまい、ほんの数投で切り上げました。私は恵曇港へ行きました。海が大荒れなので、20日ほど前に釣れたように、良い型のスズキが港の内側で釣れるだろうと思ったのです。)
However, the water inside the harbor was much calmer than I had expected although it was very muddy. There was no fisherman around the ice plant. As soon as I started fishing, one cat approached me and stayed by my side while waiting for its share. I said to the lonely cat, “Hey cat, I am sorry. I am almost sure that I cannot give you anything.” While casting my lures, I walked to the tip of Edabo, a breakwater in the harbor. I stayed there for about 15 minutes and came back to the original place. At sunset I was casting my lures in front of the ice plant. Today I did not catch any fish, and I cannot write here what happened to me after sunset in detail. I helped some police work. “Safety first. Let’s not forget it.” That is all I want to tell you now. I will never do fishing at the tip of Sinsinbo, the biggest breakwater in Etomo Harbor.
(しかし、港の内側は、とても濁ってはいたものの、思っていたよりもずっと穏やかだったのでした。製氷所の周辺には釣り人の姿がありません。釣り始めるやいなや、1匹の猫が近づいてきて、おこぼれを期待しながら横で待っているのでした。孤独な猫に、私は言いました。「猫ちゃん、ごめんよ。まずおそらく、何もあげられんけん」。ルアーを投げながら、私は枝防という防波堤の先端まで歩き、そこで15分ばかり釣ってから、元の場所に戻っていきました。日没時には、製氷所の前でルアーを投げていました。今日は何も釣れませんでした。そして日没後に私の身に起きたことを、ここで詳しく書くことはできません。私は警察の仕事のお手伝いをしました。「安全第一。お互いにそれを忘れないようにしましょう」。今、私が、このブログを読んでくださっている方に言いたいのは、それだけです。恵曇港最大の防波堤である新々防の先端で、私はもう二度と釣りをしないつもりです。)

Dec 19, 2016

(No. 236) No Fish at Etomo Harbor, Kurauchi Bay, and Mitsu Harbor (恵曇港、倉内湾、御津港にて釣果なし)





I want to catch the big Japanese sea bass that I hooked but eventually missed last time at the tip of Sinsinbo, the biggest breakwater in Etomo Harbor. Since my last post I have been to the harbor a few times, but no fish has hit my big American plugs. I have seen some lure fishermen catch young Japanese Spanish mackerels. They used small metal jigs, which somehow I am not in the mood for using. This early morning I went up to Sinsinbo after I tried in vain in front of the ice plant and around Edabo, another smaller breakwater. There was a group of three lure fishermen, two of which were each standing on a very narrow flat space of one of gigantic tetrapods. A very strong wind was blowing. Just watching them made me tremble with fear. After I encouraged the brave fishermen in my own way, I drove to Kurauchi Bay. The water in the bay was very calm, which was not very good for Japanese sea bass fishing, but anyway I made several casts. No fish hit my lures as I expected. Then, I drove to Mitsu Harbor. In the unseasonable warm weather, I felt there was no way I could catch the fish, and unfortunately I was right.
(前回、恵曇港最大の防波堤、新々防の先端にて針にかけたものの、結局逃がしてしまったスズキを、私は釣りたいと思っています。前回の投稿以来、数回、恵曇港に出かけていますが、私が使う大きなアメリカのプラグを襲う魚はいません。何人かのルアー釣り師がサゴシ(若いサワラ)を釣るのを見ました。彼らが使うのは小さなメタルジグなのですが、なぜか今の私は、それらを使いたい気分ではないのです。今日の早朝、製氷所前と枝防という小さな防波堤の周辺にて成果の出なかった私は、新々防に登っていきました。ルアー釣りをする3人組みがいらっしゃいました。そのうちのお二人は、巨大なテトラポッドの、極めて狭い平面部に立っておられます。強風が吹いていました。お二人の姿を見ているだけで、恐怖のあまり、私の身体は震えました。彼ら勇敢な釣り人を自分なりのやり方で励ましてから、私は倉内湾に向かいました。湾内の海は非常に穏やかです。スズキ釣りにはあまり良くありませんが、ともかく私は数回ルアーを投げました。予想通り、何も釣れません。それから御津港へ行きました。季節外れの暖かさの中、スズキなどとても釣れるわけがない、と私は思いました。残念ながら、その通りでした。)

Dec 17, 2016

(No. 235) Missed Japanese Sea Bass at Sinsinbo in Etomo Harbor (恵曇港の新々防にてスズキを逃がす)





My busy work schedule and the nasty weather had not allowed me to go fishing for a week, but this afternoon finally I became free. The weather was still a bit nasty. It was gusty although there was no rain. The waves were high. Which means, it was good for Japanese sea bass fishing. As I did last time, I drove first to Kurauchi Bay. When I was preparing my tackle at a parking space overlooking the bay, another lure fisherman arrived at the space. He was a friendly fisherman, and we enjoyed a nice chat. Then I made several casts at the bay, but no fish hit my lures. So I drove to Etomo Harbor. I usually do not fish from the tip of Sinsinbo, the biggest breakwater in the harbor, but today somehow I felt like trying the tricky spot. Sinsinbo is very high, 15 feet above the water. It is almost scary for me. Just before sunset, when my Northbar Bottledarter came back to under my feet, I saw a big Japanese sea bass snatched the lure. It was hooked, but the fish, which was just under my feet, shook its head and the hook easily came out. What a tricky place to fish!
(仕事の日程が詰まっていた上に、ひどい天候が続いたため、この一週間、釣りに行けませんでしたが、今日の午後、私はついに自由の身となりました。もっとも、天候はまだ、回復してはいませんでした。雨こそあがったものの、強風が吹いていたのです。ということは、スズキ釣りには良いということです。前回と同様、私はまず倉内湾に行きました。湾を見下ろす駐車スペースでタックルの準備をしている時、ルアー釣り師が一人、到着されました。愛想の良い男性で、私たちはおしゃべりを楽しみました。倉内湾で私は数投しましたが、魚がルアーにヒットすることはありませんでした。そこで私は恵曇港へ向かいました。ふだんの私なら、恵曇港最大の防波堤である新々防の先端から釣ることはありません。しかし今日は、どういうわけか、この厄介な場所から釣りたくなったのでした。新々防はとても高く、海面から約4.5メートルも上にあります。私はほとんど恐怖を覚えるのです。日没の直前、足下まで戻ってきたノースバー・ボトルダーターを、大きなスズキがひったくるのが見えました。針はかかりました。しかし、私のすぐ真下にいる魚が頭を振ると、針は簡単にはずれてしまいました。なんて厄介な場所なのでしょう!)

Dec 9, 2016

(No. 234) Japanese Sea Bass in front of Ice Plant of Etomo Harbor (恵曇港の製氷所前にてスズキ)






This late afternoon I drove to Kurauchi Bay. I was with my heaviest tackle, a 13-foot fiberglass rod (Okuma Tundra) and a PENN Torque 9 spinning reel with two handles. The weatherman had said that the height of the waves would remain 3 meters. I knew I had a greater chance to catch a Japanese sea bass at such rough water. I also knew that I would need a very strong tackle because I would have to lift a fish directly from the sea at the bay, instead of dragging it to the shore with a help of the waves. When I arrived at the bay, I found there were nice patches of sarashi (churning white water) along the shore, but the crosswind was too strong to cast my lures comfortably. I soon gave up the spot and drove to Etomo Harbor.
(今日の午後遅く、私は倉内湾へ向かいました。グラスファイバー製の13フィートの竿(Okumaのツンドラ)と、ハンドルが2つ付いたPENNのトルク9・スピニングリールという、いちばんヘビーなタックルを持って行きました。天気予報によると、波の高さは3メートルのまま。そんな荒れた日には、スズキがよく釣れるということを私は知っていました。私はまた、とても強いタックルが必要になるということも分かっていたのです。なぜなら倉内湾では、波の勢いを利用して魚を引きずり上げるのではなく、海から直接抜き上げる必要があるからです。しかし到着してみると、岸沿いにいくつかの良いサラシ(かき混ぜられた白い水)ができていたものの、横風が強すぎて、快適にルアーを投げることができません。私はすぐにその釣り場をあきらめて、恵曇港へと向かいました。)
Usually there are many fishermen at Etomo Harbor, but this evening there was just one bait fisherman as far as I could see. “Be careful. Don’t fall, ” he said to me, obviously referring to the strong wind. “Thank you. I thought I might catch the Japanese sea bass,” I said. “Yeah,” he said. “In this kind of weather, you may.” First I fished around Edabo, one of the breakwaters in the harbor, but the wind was too strong there. I soon had to turn back. When I came back to my car, the bait fisherman was already gone. I put my tackle against my car, old Mitsubishi Colt, and took a picture of it in order to show you how big my tackle was. Being alone at the spot in front of the ice plant, I kept casting my lures. Just after the sunset a Japanese sea bass hit my Super Strike Zig Zag. Because I was using very heavy tackle, I got the wrong impression that the fish was very small. Actually it was a Japanese sea bass of 65 cm (26 in.) long.
(恵曇港には通常、たくさんの釣り人の姿がありますが、今夕は、私に見える限りでは、エサ釣りの方がお一人いらっしゃるだけでした。「気をつけないや。落ちんやに」と彼は私に言いました。明らかに強風を心配してくださっているのです。「ありがとうございます。スズキでも釣れんかなと思ってきました」と私は応えました。「ああ」と彼は言いました。「こぎゃん天気だけん。スズキは釣れるかもっせん」。最初、私は枝防という防波堤の周囲で釣ったのですが、そこも風が強すぎました。私はすぐに引き返しました。車のところまで戻ってみると、既にエサ釣り師の姿はありません。私は、タックルを自分の車(古い三菱コルト)に立てかけて、写真を撮りました。こうすれば皆さんに、私のタックルのゴツさが伝わるかと思ったのです。製氷所前と呼ばれる釣り場で、私は一人、ルアーを投げ続けました。日没直後、スズキが、私のスーパーストライク・ジグザグを襲いました。とてもヘビーなタックルだったため、非常に小さい魚がかかったという、誤った印象を抱きました。しかし実際には、そのスズキは65センチという大きさだったのでした。)

Dec 4, 2016

(No. 233) No Fish at Saruwatarijima, Wada, Umanose, and between Them in Owashi (大芦の猿渡島、ワダ、馬の背、そしてそれらの間の釣り場にて釣果なし)





Fishing spots in Mitsu, Owashi, and Nonami areas seemed a bit too crowded this morning. It was way before dawn, but the parking spaces/lots for famous fishing spots in those areas were already packed when I arrived at each of them. I decided to explore the rocky shore around Saruwatarijima, which I had not visited before. I had a hunch that there were few fishermen around it, and I was right. There was nobody. I cast my lures from Saruwatarijima, Wada, Umanose, and other unnamed spots between them. I enjoyed a lot, but what were missing were not only other fishermen but also fish. There was no sign of baitfish, hence big fish that attack them. My “No Fish” streak continues very unfortunately but fairly.
(御津、大芦、野波にある釣り場は、今朝、どうも少し混み過ぎていたようです。夜明けまでにはまだかなり時間がありましたが、こうした地区にある有名な釣り場へ行くための駐車スペースや駐車場に到着してみると、どこもかしこも満員だったのです。私は、まだ行ったことのない猿渡島の周辺を探索することにしました。あそこなら釣り人はほとんどいないのではないかという気がしたのです。そして、私のカンは当たりました。そこには誰もいませんでした。私は、猿渡島、ワダ、馬の背、そしてそれらの間にある名もない釣り場でルアーを投げました。大いに楽しみましたが、釣り人たちだけでなく、魚もまた、そこにはいなかったのでした。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の気配がありません。したがって、それらを襲う大きい魚もいません。私の「釣果なし」記録は、たいへん残念なことに、と同時に正々堂々と、続いていきます。)

Dec 3, 2016

(No. 232) No Fish at Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の枝防にて釣果なし)




As I mentioned in today’s earlier post, I went to Etomo Harbor this afternoon. I fished at Edabo, one of breakwaters in the harbor, for about an hour before sunset. Yesterday I was at the same spot at the same time. The sea was much calmer today, and probably that’s why today’s boils were much smaller and less energetic. Three lure fishermen soon came to Edabo, and they successfully caught some young Japanese Spanish mackerels with jigs that were smaller than mine. Those fish were not so big, and one of them spat very small baitfish. I found that somehow I had lost my interest in catching them. Instead of using a jig as they did, I dared to use big plugs. I don’t know why. Maybe I am a bit perverse.
(今日アップした先の投稿で触れた通り、午後、私は恵曇港へ行きました。日没前の約1時間、恵曇港の防波堤の一つである枝防で釣ったのです。私は昨日、同じ時間に同じ場所に立っていました。今日の海は、昨日よりも、ずっと穏やかです。そして、おそらくそれが理由だと思うのですが、今日のナブラは昨日よりもずっと小さくて、活気がないのでした。そのうち、3人のルアー釣り師が枝防にやって来られ、彼らは、私のジグよりも小さなジグを使って、数匹のサゴシ(若いサワラ)を上手に釣られました。それほど大きなサイズではなく、そのうちの一匹は、とても小さなベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)を口から吐き出しました。なぜだか私は、サゴシを釣る気がなくなっているのでした。他の皆さんと同じようにジグを使うのではなく、あえて大きなプラグを使いました。なぜだか分かりません。たぶん私は少し天邪鬼(あまのじゃく)なのでしょう。)

(No. 231) No Fish at Sakitaka-hana in Sanami (佐波の先高鼻にて釣果なし)




This morning I drove first to Saruwatari in Nonami. It was about 5:45 a.m., way before dawn, but there was already a car in the nearby parking lot. I made a U-turn, and drove to Sanami Harbor. I anticipated that there were several cars at the harbor too, but surprisingly I found no car in the parking space. Following the path in the woods, I reached vacant Sakitaka-hana. With eager anticipation, I started casting my favorite lures. I was alone for a while, but about 7 a.m. several bait fishermen started arriving at the spot one by one. We shared the spot peacefully. I was the only lure fisherman and no fish seemed interested in my American lures. Until I left the spot, I saw the bait fishermen catch one striped beakfish and several largescale blackfish. I did not stay long. I left the spot at 9 a.m. I was thinking about Etomo Harbor. Although I had not posted it on this blog, I was at Etomo Harbor yesterday evening and saw some boils. They might have been young Japanese Spanish mackerels. I will chase them this evening.
(今朝はまず、野波の猿渡に向かいました。午前5時45分、夜明けまではまだかなり時間がありましたが、近くの駐車場には既に車が1台停まっているのでした。私はUターンし、佐波港に向かいました。佐波港にも数台の車が停まっているに違いないと思いましたが、驚いたことに駐車スペースには1台の車も見当たりません。私は、林の中の小道を歩き、無人の先高鼻にたどり着きました。大いに期待しつつ、お気に入りのルアーを投げ始めました。しばらくは私一人でしたが、7時頃から、エサ釣り師がお一人ずつ、釣り場にやって来られるようになりました。私たちは仲良く釣り場を共有しました。ルアーを使うのは私だけでしたが、魚たちは私のルアーに関心がないようでした。釣り場を離れるまでの間に、エサ釣りの皆さんがイシダイ1匹とメジナ数匹を釣られるのを目撃しました。私は長く留まらず、9時には釣り場を離れました。恵曇港のことを考えていたのです。ブログには投稿しませんでしたが、昨夕、私は恵曇港でナブラを目撃したのです。ナブラを立てていたのは、サゴシ(若いサワラ)だったのかもしれません。今夕は、この魚を追いかけてみるつもりです。)