About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Aug 29, 2017

(No. 303) Hong Kong Grouper at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にてキジハタ)





It was about 6 a.m. today. I was casting my favorite lures from Maruiwa in Owashi when I received a text from my father. It said that North Korea seemed to fire a missile. I gently laid my fishing rod on the ground and took out my camera (i.e. iPhone 4S). I got ready to shoot any flying object coming into view. North Korea had previously announced that the missile would fly over Shimane, Hiroshima and Kochi Prefectures, and my hometown Matsue is in Shimane. However, all that I saw was a blue sky only with impeccably white clouds. Then, the second text arrived. It said the missile seemed to fly over Japan. I did not see anything suspicious in the sky (Later I found that the missile did not fly in the direction of Shimane but of Hokkaido, the northern part of Japan). I resumed fishing and soon caught a bottom feeder with the Acme Kastmaster. I realized that I caught a Hong Kong grouper with an American lure in the Sea of Japan under a North Korean missile. How international!
(今朝の6時頃でした。大芦の丸岩からお気に入りのルアーを投げていた時、父からメッセージが届いたのです。どうやら北朝鮮がミサイルを発射したとのこと。私は釣り竿をそっと地面に置くと、カメラ(つまりiPhone 4S)を取り出しました。視界に入ってくる飛行物体を撮影するつもりだったのです。北朝鮮は先日、ミサイルは島根、広島、高知三県の上空を通過するだろうと宣言しており、私の故郷である松江市は島根県に位置するのでした。しかし、私の目に見えたのは、申し分なく白い雲が浮かぶだけの、青空でした。2通目のメッセージが届きました。ミサイルはどうやら日本上空を通過し終えたようです。空には何も怪しいものは見えませんでした(後で判明したのですが、ミサイルは島根県には飛んでこず、日本の北部、北海道の方角に飛んでいったのです)。釣りを再開すると間もなく、アクメ・キャストマスターを使って、根魚が釣れました。そして私は、気づいたのです。北朝鮮のミサイルが飛ぶ空の下、アメリカのルアーを日本海で使い、英語名は「香港ハタ」となるキジハタが釣れたのだ、ということに。なんて国際色豊かなのでしょう!)

Aug 26, 2017

(No. 302) Young Greater Amberjack at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にてアカビラ)






It was about 6 a.m. when I started casting my lures from empty Maruiwa in Owashi. Nothing happened until Mr. F came to the spot about 7 a.m. He is a regular at the spot. I had seen him a few times at Maruiwa since I first tried the spot last fall. After having a chat with him, I started casting one of my Sea Striker Got-Cha plugs. I had attached a prism tape to the lure on the previous night, and the tape might have been effective. One young greater amberjack was hooked by the lure. I remembered that Got-Cha plugs are often too effective to spare young fish, which I don’t like to catch very much.
(他に釣り人のいない大芦の丸岩でルアーを投げ始めたのは、午前6時頃でした。7時頃にFさんがやって来られるまで、何も起きませんでした。Fさんは、その釣り場の常連さんです。昨秋、丸岩で初めて釣りをして以来、私は数回、Fさんをお見かけしています。Fさんとのおしゃべりを楽しんだ私は、シーストライカー・ガッチャプラグを投げてみました。前夜、そのルアーにキラキラ光るテープを貼ってみたのですが、どうもそれが効果的だったようです。アカビラ(カンパチの幼魚)が、かかってしまいました。私は思い出しました。ガッチャプラグはしばしば、効果があり過ぎてしまうため、あんまり釣りたいとは思わない幼魚までが、よく釣れてしまうということを。)

Aug 24, 2017

(No. 301) No Fish at Nitaki in Tayu (手結のニタキにて釣果なし)





Yesterday I tried Takanishi in Tayu. As was shown in the previous post, there was no catch unfortunately. This morning I tried Nitaki, the neighboring fishing spot on the east of Takanishi. Just as yesterday, there were no other fishermen around. The waves were as high as when I had left Takanishi yesterday. The tip of Nitaki was continuously washed by the waves, which means it was not very safe. In addition to it, the crosswind was blowing harder than yesterday. I started fishing about 5:30 a.m. and finished it just one hour and a half later. If I had stayed longer I might have caught fish, but the condition of the sea seemed getting worse. Instead of keeping fishing, I took a picture of all of the lures I brought today. I don’t like to bring many lures. I usually use at most 5 or 6 lures. When I returned to Tayu Harbor, I was not very disappointed probably because I found a few local familiar fellows on the street. I yelled at them, “No fish again today! I quit!” One of them replied to me with a grin, “Glad that you quit today. It is getting rougher.”
(私は昨日、手結の高西で釣りました。しかし、前回の投稿でお伝えした通り、あいにく釣果はありませんでした。今朝は、高西の東にある隣の釣り場、ニタキを試してみました。昨日と同様、他の釣り人の姿はありません。波の高さは、昨日、高西を離れた時と同じくらいでした。ニタキの先端は、絶え間なく波をかぶっています。つまり、非常に安全、と言える状況ではありません。加えて、横風が昨日よりも強く吹いています。私は午前5時30分頃から釣り始めましたが、わずか1時間30分後には釣りを終えました。粘れば魚が釣れたかもしれないのですが、海の状況が悪化していくように見えたのです。代わりに、今日持ってきたルアーたちを全員集合させて、写真を撮ってみました。私はルアーをたくさん持ち出すのを好みません。多くても5つか6つなのです。手結港に戻った時の私は、ひどく失望していたわけではありませんでした。それはおそらく、路上に、顔なじみの地元の皆さんがいらっしゃったからでしょう。私は彼らに叫びました。「今日もなんだい釣れませんわ! もうやめましたけん!」 するとそのうちの一人が、にやりと笑って言われるのでした。「やめて良かったが。これから荒れえけん」)

Aug 23, 2017

(No. 300) No Fish at Takanishi and around the harbor in Tayu (手結の高西と港の周囲にて釣果なし)





When I started casting my favorite plugs about 5:30 a.m., the waves occasionally became high enough for the tip of Takanishi to get wet. Takanishi is one of fishing spots in Tayu. When I go to Takanishi or Nitaki, another fishing spot in the area, the sea is usually much calmer. To my eyes, the chance of catching fish this morning seemed bigger, but two hours passed in vain without any thrilling action from fish. I realized that the winds became much stronger and the dangerous waves continuously washed the tip of the spot. I returned to Tayu Harbor to enjoy swimming in it. Then I tried some spots around the harbor, but nothing happened. Although the waves were so high that I got completely soaked, I felt good because I wore only my swimming trunks and life jacket, and my PENN Torque 5 spinning reel is fully sealed.
(お気に入りのプラグを投げ始めた午前5時30分頃、時々高くなる波のせいで、高西の先端は濡れていました。高西というのは、手結にある釣り場の一つです。私が、高西あるいは、手結の別の釣り場、ニタキに出かける時はだいたいいつも、海はもっと穏やかです。私の目には、今朝、魚が釣れる可能性は高いように見えたのですが、ワクワクさせるような魚からの反応がないまま、無駄に2時間が経過してしまいました。そして私は、前よりもずっと強い風が吹き、危険な波が釣り場の先端を絶え間なく洗っていることに気づいたのです。私は手結港に戻り、水泳を楽しみました。その後、港の周辺、数カ所で釣ってみましたが、何も起きませんでした。波は高く、私は完全にずぶ濡れになったのですが、良い気分でした。なぜなら私が着ていたのは水泳パンツとライフジャケットだけ、そして私のPENNトルク5・スピニングリールは、完全防水なのですから。)

Aug 19, 2017

(No. 299) No Fish at Setokaze-bana in Mitsu and Ichinose in Koizu (三津の瀬戸風鼻と小伊津の一の瀬にて釣果なし)






This morning I woke up at 4 a.m. to drive to Izumo City. I arrived at Setokaze-bana in Mitsu just before daybreak and started casting my favorite topwater lures about 5:30 a.m. As far as I could remember, I had not caught any fish at the spot, but the slightly choppy sea made me feel I would catch something big at last today. Then, I also remembered that whenever I start fishing I feel I will catch something big regardless of condition of the sea. Nothing happened at Setokaze-bana. I gave up the spot and instead tried Ichinose in Koizu, another spot several minutes away from Setokaze-bana by car.
(今朝は午前4時に起床し、出雲市へ車を走らせました。夜が明ける直前に三津の瀬戸風鼻に到着し、5時30分頃からお気に入りのトップウォーター・ルアーを投げ始めました。覚えている限り、この釣り場で魚が釣れたことはありません。しかし、かすかに波立つ海を見ているうち、今日こそついに、大きな魚が釣れそうな気がしてきました。とはいえ私は、海の状況に関係なく、釣り始める前にはいつも必ず「今日は大きな魚が釣れそうだ」と思ってしまうのです。瀬戸風鼻では何も起きませんでした。その釣り場をあきらめた私は、車で数分の距離にある別の釣り場、小伊津の一の瀬へ行きました。)
There were several bait fishermen at Ichinose, and they did not seem very lucky today. I stood at the west end of the spot to cast big American lures. Remembering I had caught a striped bonito at the spot about two years ago, I felt again I would catch something big, but nothing happened. I returned to Setokaze-bana and made several casts. I finally started feeling I would not catch any fish today. No striped bonito attacked my lures today, but a small pretty striped fish fearlessly and joyfully swam with me.
(一の瀬には数人のエサ釣り師の姿がありましたが、今日は、それほど釣果に恵まれているわけではなさそうです。私は釣り場の西端に立ち、大きなアメリカのルアーを投げました。約2年前、私はそこでハガツオを釣ったのでした。そんなことを思い出していると、またもや、「何か大きいのが釣れそうだ」という気がしてきました。しかし、何も、起きません。私は瀬戸風鼻に戻り、ルアーを数回投げました。ついにやっと「今日は何も釣れないかもしれない」と思い始めました。ハガツオは今日、私のルアーを襲ってくれませんでしたが、代わりに、しましま模様の小魚が、大胆かつ楽しげに、私と一緒に泳いでくれました。)

Aug 15, 2017

(No. 298) No Fish at Susumi Bay and Owashi Harbor (須々海湾と大芦港にて釣果なし)





I arrived at the parking space overlooking Susumi Bay in Owashi about 4:30 p.m. The waves were not as high as I had hoped. I had thought I might catch Japanese sea bass, but the sea was not rough enough to create patches of nice sarashi (churning white water). I got discouraged, but anyway I started the run-and-gun style fishing toward Susumi-hana. No baitfish was sighted, and nothing exciting happened. I walked back and drove to Ogu-no-hato in Owashi Harbor.
(大芦の須々海湾を見下ろす駐車スペースに到着したのは午後4時30分頃でした。期待していたほど波が高くありません。スズキが釣れるのではないかと考えていたのですが、良いサラシ(かき混ぜられた白い水)が形成されるような、荒れた海ではありませんでした。がっかりしましたが、とりあえず須々海鼻へ向かってラン&ガン方式の釣りを開始しました。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿は見えませんし、何も面白いことは起きません。私は引き返して、大芦港の小具の波止へ行きました。)
From the empty breakwater I hooked something strange. It was a long pink rope, and it was with a short black bar attached to one end of it. It was a rope for water skiing. I could not leave it at the breakwater because it could be a nuisance in the sea. So I decided to take it home and dispose of it. When I came back to my car with the pink rope, one car arrived at the parking space. The driver got off the car and looked hard at the sea. To my surprise, he had looked for the pink rope. Knowing that I caught the rope, he became happy and very grateful to me. I didn’t catch any fish today, but I felt happy too.
(その無人の防波堤から、私は何か妙なものを引っ掛けたのでした。それは長いピンクのロープで、一方の端に、黒くて短いバーが取り付けられていました。水上スキーで使うロープのようです。厄介な海中のゴミになってしまうかもしれないので、ロープを防波堤に残していくことはできません。私は家に持ち帰って処分することにしました。ピンクのロープとともに車のところまで戻ると、1台の車が駐車スペースにやってきました。運転手は車を降りると、じっと海を凝視します。驚いたことに、彼はピンクのロープを探していたのでした。私がロープを釣り上げたことを知ると、彼は嬉しそうになり、私はとても感謝されました。今日は何も魚が釣れませんでしたが、私もまた幸せな気分でした。)

Aug 6, 2017

(No. 297) Hong Kong Grouper at Nagasaki-bana in Mitsu (御津の長崎鼻にてキジハタ)







When I arrived at Nagasaki-bana in Mitsu about 5:45 a.m., spiders’ threads stuck to my body and fishing tackle. The narrow path in the woods from a parking space to the fishing spot was filled with cobwebs this morning. I wondered whether high temperature for the last several days has boosted spiders’ activities. When I started casting my lures, the sea was not choppy but a strong south wind was blowing. A school of baitfish was swimming along the shore, but no big fish seemed to be following it. First, I used my American pencil popper and darter plugs, but there was no response.
(午前5時45分に御津の長崎鼻に到着した時、私の身体と釣り道具には、蜘蛛の糸がくっついていました。駐車スペースから釣り場に至る林の中の小道は、今朝、蜘蛛の巣だらけだったのです。ここ数日の高い気温のせいで、蜘蛛の活動が盛んになったのだろうかと私は思いました。ルアーを投げ始めた時は、水面は波立っていませんでしたが、強い南風が吹いていました。岸沿いにベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の群れが泳いでいますが、それを追う大型魚はいないようです。私はまず、アメリカのペンシル・ポッパーとダーターを使いましたが、何も反応がありません。)
Next, I let the Acme Kastmaster XL sink to the bottom carefully. At the second or the third attempt, I felt a faint bite. I jerked my rod to hook the fish. As I expected, it was a Hong Kong grouper. Soon afterwards, the wind waned, and a small fishing boat came closer to me. I took off my cap and made a polite bow to the local fisherman on it. I asked, “Have you caught a lot of turban shells lately?” He replied, “No. The sea has been too calm for a long time.” I did not know that whether the sea is calm or not could affect the catch of turban shells.
(次に、アクメ・キャストマスターXLを、注意しながら、底まで沈めてみました。その2投目か3投目で、かすかなバイトを感じました。竿をあおると、魚がかかりました。予想通り、それはキジハタでした。その後、風は弱まり、地元の漁師を乗せた小さな漁船が近くにやってきました。私は帽子を脱いで丁寧にお辞儀をしました。「サザエがたくさん採れますか?」と私が尋ねると、その漁師さんは「いんや。もうずっと凪いでばっかだけんね」と言われました。海が穏やかであるかどうかが、サザエの漁獲量に影響するとは知りませんでした。)

Aug 5, 2017

(No. 296) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)






Saruwatari in Nonami is the spot where I had caught the first yellowtail amberjack since I came back to Japan (If you are interested, see No. 217). Unfortunately the fish was also the last one I had caught. This morning I was standing at Saruwatari with slightly bigger anticipation than when I went to other spots. I had caught not only the yellowtail amberjack but also other fish such as a Japanese Spanish mackerel at the spot. However, the sea was too quiet and calm today. In the water, plenty of the pearl-spot chromis were swimming peacefully.
(野波の猿渡は、私が帰国してから最初のヒラマサが釣れた場所です(もしご興味があれば、No.217を御覧ください)。残念ながら、それは私が最後に釣ったヒラマサでもあります。今朝の私は、他の釣り場に行く時よりもわずかに大きな期待を抱いて、猿渡に立っていました。私はこの場所で、ヒラマサだけでなく、サワラなど他の魚も釣ったことがあるのです。しかしながら、今日の海はあまりにも静かで穏やかだったのでした。水中では、スズメダイの大群がのんびりと泳いでいました。)