About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Dec 26, 2017

(No. 337) No Fish at Sensui Island in Hiroshima (広島の仙酔島にて釣果なし)




I returned from a small trip in the Sanyo Region. The annual book discussion event, where a few of my old university classmates and I get together to discuss a book, was held in Tomonoura in Fukuyama City, Hiroshima Prefecture. This year we had chosen Nocturnes: Five Stories of Music and Nightfall, the first collection of short stories by Kazuo Ishiguro. In a cozy room of a seaside hotel we discussed which story should be considered the best or the worst in the book. One of my classmates argued that the last story “Cellists” was the worst, but I argued actually it was the best. The ensuing discussion brought about an unexpectedly lively revelation. The following morning we took the ferry to Sensui Island. While my old classmates enjoyed sightseeing of the small island, I cast some of American lures from one of the beaches. Not only I but also a few other fishermen didn’t catch any fish, but I enjoyed casting my lures toward the Seto Inland Sea of Japan.
(山陽地方での小旅行から戻りました。大学時代の同級生数人が集って本について議論する毎年恒例の読書会が、広島県福山市の鞆の浦で開かれたのです。私たちは今年、カズオ・イシグロの第一短編集となる『夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』を課題図書に選んでいました。海辺のホテルの居心地良い部屋で、私たちはどの短編がベストであり、どの短編がワーストであるか議論したのです。同級生の一人が、最後に収録されている「チェリスト」がワーストであると言ったかと思えば、私は、いやいや「チェリスト」こそがベストであると言い、続く議論のおかげで、予想以上に生き生きとした新発見がもたらされたりしました。翌朝、私たちはフェリーに乗って仙酔島へ渡りました。同級生たちが小さな島での観光を楽しむ一方で、私は岸からアメリカのルアーを投げました。私だけでなく、他の釣り人にも何も釣れませんでしたが、瀬戸内海へ向けてルアーを投げることを楽しみました。)

No comments: