About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Feb 18, 2018

(No. 345) Continuously Skunked at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて引き続き釣果なし)



Fishing is generally slow at this time of the year. So I tend to go to Etomo Harbor, one of the biggest harbors in this region and the nearest to my place. It is also the most convenient. You can start fishing within several minutes after you leave a car. So even if you don’t catch anything, at least you will not be very tired. When I arrived at Nanbo at 5:15 p.m., there was one lure fisherman at the tip of the breakwater. He told me that he had caught a young Japanese Spanish mackerel although he aimed at Japanese sea bass. Several minutes later he had to stop fishing. He said that his fishing line became tangled irrecoverably. He was so friendly that I felt sorry for him. So I gave him a little gift and invited him to Japanese sea bass fishing at Lake Shinji in early summer. I said to him, “You can catch a huge fish of almost 1 meter (40 in.) long!” 
(一年のこの時期、魚釣りは通常、低調です。したがって私は、この地方最大の港の一つであるとともに、我が家からは最も近い恵曇港に行きがちなのです。恵曇港は、最も便利な港でもあります。車から降りて数分以内に、釣り始めることができるのです。そのため、たとえ魚は釣れなくても、それほど疲れることはありません。午後5時15分に南防に到着した時、その防波堤の先端には一人のルアー釣り師の姿がありました。スズキを狙っていたところサゴシ(若いサワラ)が釣れたと、彼は教えてくれました。その数分後、彼は釣りを止めざるを得なくなりました。釣り糸が、修復不可能なほど、もつれてしまったのだそうです。とても友好的な方でしたので、私は可哀想になりました。そこで、ちょっとした贈り物をするとともに、初夏の宍道湖でのスズキ釣りにご招待しました。「1メートルくらいのデカいのが釣れますよ!」と私は言いました。)

Feb 15, 2018

(No. 344) No Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて釣果なし)




Heaps of snow on the shoulder of roads noticeably shrank in the sun, and I became able to go fishing this late afternoon at last. I gave consideration to going down to Ikesu in Etomo, but I was not sure how the unusual heavy snow had affected the treacherous path to the rocky spot. I could not take a chance. So I drove to much safer Nanbo, a break water in Etomo Harbor. However, the sea around it was so quiet that I did not feel I would catch any fish at all. I took a chance on a pencil popper, one of my favorite American lures. As I anticipated, no fish attacked the lure, but, after a long hiatus due to the heavy snow, just swinging the topwater plug from side to side on the water made me happy.
(路肩に積み上げられた雪は、日光に当たると著しく縮小してしまい、今日の午後遅く、ついに私は釣りに行けるようになりました。恵曇の生須に行こうかと思いましたが、異常な大雪のせいで、その磯へと至る危険な小道にどのような影響が及んでいるのか分かりませんでした。一か八か賭けてみることはできません。そこで私は、ずっと安全な、恵曇港にある防波堤、南防へ向かったのです。しかし、その周囲の海はとても静かで、魚が釣れそうな気は全くしないのでした。私は、お気に入りのアメリカのルアーの一つ、ペンシル・ポッパーに賭けてみました。予測通り、ルアーを襲う魚はいませんでしたが、大雪のせいでしばらく釣りを中断していたため、水面でトップウォーター・ルアーを左右に揺り動かしているだけで、私は幸せになれました。)

Feb 9, 2018

(No. 343) Unusual Heavy Snow Hindered My Fishing (異常な豪雪のため釣りに行けず)




Unusual heavy snow kept falling for an unusually longer period of time on regions facing the Sea of Japan. The Sanin Region, where my hometown Matsue City and its neighboring Izumo City are located, was not exception. I could not go fishing at all. Only when there was an absolute necessity were you allowed to drive a car. Instead of going fishing, I carried a shovel on my shoulder and walked around in my neighborhood and beyond. Shimane is one of the least populated prefecture in Japan. Its population ages rapidly. I looked for a lone old person, especially a lone old woman, who needed a help to clear snow. I also helped some female business owners in shopping streets. I feel more and more women become entrepreneurs in rural areas these days. They are doing a lot of great things, but probably not very good at clearing snow.
(異常な大雪が、異常に長い間、日本海に面する地域に降り続きました。私の故郷である松江市とそのお隣の出雲市が位置する山陰地方も、例外ではありませんでした。釣りには全く行けなかったのです。車に乗って出かけてよいのは、それがどうしても必要な時だけでした。釣りに行く代わりに私は、シャベルを肩に担いで、近所を、そして近所を越えた向こうまで、歩き回ったのです。島根は、日本有数の過疎地です。著しい高齢化が進行中です。私が探していたのは、雪かきの手伝いを必要とする、独居のご老人、とりわけ独居のおばあさんでした。私はまた、商店街に店をもつ女性経営者のお手伝いもしました。昨今、田舎に店を開く女性起業家が増えているように思います。彼女たちはたくさんの素晴らしいことをしていますが、恐らく雪かきは、あまり得意ではないはずです。)
When I was too tired to go out for clearing snow and when I needed a break from my translation job, I tinkered around at my reels. Recently I purchased several old reels manufactured by Ohmori Co., LTD. at low prices. Ohmori became defunct a long time ago, but I still like their products. I attached two handles to them, and now I own 5 “double handle” reels (including 2 PENN Torques). If you don’t know why I use a double handle spinning reel, see some past posts such as No. 244.
(雪かきをしに外へ出るのに疲れてしまった時、そして翻訳の仕事を一休みしたくなった時、私はリールをいじりました。先日、大森製作所の古いリールをいくつか安価に入手したのです。大森製作所がリール製造を終えて長い年月がたちますが、私は今でも彼らの製品が好きです。私はリールに2つのハンドルを取り付け、今では“ダブルハンドル”リールを5台も所有することとなりました(2台のPENNトルクを含む)。私がなぜダブルハンドル・リールを使うのかご存知ない方は、過去の投稿、例えばNo. 244などをご覧ください。)

Jan 31, 2018

(No. 342) No Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて釣果なし)



It has been colder than usual this winter. Taking advantage of hiatus between job assignments, I drove to Etomo Harbor this afternoon. I had hoped to catch young Japanese Spanish mackerels, but I gave up fishing way before sunset. Unlike the last few days, there had been no serious snowfall today, but the winds were too chilly to keep casting lures. Two bait fishermen were fishing at Nanbo. I talked to one of them, to whom I had talked the other day too. “Any fish?” I asked, and he shouted sharply as if he had tried to beat the bitter coldness. “Nothing!”
(今年の冬は、例年より寒いですね。次の仕事までの空き時間ができたので、今日の午後、私は恵曇港へ行きました。サゴシ(若いサワラ)でも釣れないかと期待していましたが、夕マヅメのずっと前に、釣りをあきらめました。ここ数日と異なり、今日は本格的な雪は降りませんでしたが、風が冷たすぎて、ルアーを投げ続けることができないのです。南防には、二人のエサ釣り師の姿がありました。そのうちのお一人に、前回と同様、私は声をかけました。「何か釣れましたか?」。私が尋ねると、その男性は、まるで厳しい寒さに打ち勝とうとしているかのように、鋭く叫びました。「なんだい釣れん!」)

Jan 23, 2018

(No. 341) Unable to Fish at Kozu Harbor in Uppurui Bay (十六島湾の小津港にて釣りできず)


After driving my father to Izumo Airport this morning, I drove to Uppurui Bay in Izumo City. Although I knew that a snowstorm was rapidly approaching the area and therefore the sea was already rough, I thought I might be able to fish at somewhere in Uppurui Bay. I hoped I would catch the Japanese sea bass at Kozu Harbor, which is one of inner parts of the bay. When the sea is rough, the fish often come inside a bay, sometimes even to a very inner part of it. The waves were not very high when I arrived at the harbor, but the wind was extremely strong. It was so gusty that there was no way for me to stand at the tip of the small breakwater of the harbor. I would fall into the ravaging sea.
(今朝、出雲空港まで父を送っていった後、出雲市の十六島湾へ車を走らせました。吹雪が急速に近づきつつあることは承知していたものの、十六島湾のどこかで竿を出せるのではないかと思ったのです。湾の最奥部にある小津港でスズキが釣れるのではないかと期待しました。海が荒れている時、スズキはしばしば湾内に入り込み、時にはその最奥部にまでやってくるのです。私が港に到着した時、波はそれほど高くありませんでしたが、とてつもない強風が吹いていました。吹きすさぶ風のため、港にある小さな防波堤の先端に立つことなど論外でした。私はきっと、荒れ狂う海に落ちていたことでしょう。)

Jan 14, 2018

(No. 340) No Fish at Kurauchi Bay, Nanbo in Etomo Harbor, and Ikesu in Etomo (倉内湾、恵曇港の南防、恵曇の生須にて釣果なし)




The snow melted away at last, and I felt it was safe enough to go fishing this morning. First, I tried Kurauchi Bay. The sea was not very rough, but there were a few patches of sarashi (white churning water) left along the rocky shore. I hoped I would catch a nice Japanese sea bass, but I left the spot after making just several casts. Whenever I caught the fish at the bay, I was successful within a few casts. Next, I drove to Nanbo in Etomo Harbor, but, as was the case these days, no fish seemed around. Lastly, I tried Ikesu in Etomo. This spot was a feast for the eyes as always, but no fish was around there either.
(雪はついに溶け、今朝の私は、釣りに行っても十分に安全だと感じました。まず私は、倉内湾を試しました。海はそれほど荒れてはいませんでしたが、磯沿いに、いくつかのサラシ(かき混ぜられた白い水)が残されていました。良い型のスズキが釣れるのではないかと私は期待しましたが、ほんの5、6投だけしてその場を去りました。この湾でスズキが釣れる時にはいつでも、2、3投以内で勝負がつくのです。次に私は、恵曇港の南防へ行きましたが、最近はいつもそうであるように、魚はいないようでした。最後に、恵曇の生須に行きました。この場所はいつも目の保養となりますが、そこにも魚はいませんでした。)

Jan 7, 2018

(No. 339) No Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて釣果なし)



Since New Year’s Day the cold wind had been too strong and the sea had been too rough. Today the wing died down and the sea got calm at last. It was about 4:30 p.m. that I started casting my lures from Nanbo, one of breakwaters in Etomo Harbor. I primarily used small metal jigs, which are most effective in catching young Japanese Spanish mackerels. Carelessly I had declared that I would bring some of the fish to my friends this evening. Unfortunately the fish were not around along the shore.
(元旦以来ずっと、強すぎる寒風が吹き、海は荒れていたのでした。今日やっと、風が衰え、海も穏やかになりました。恵曇港の防波堤の一つ、南防からルアーを投げ始めたのは午後4時30分頃でした。サゴシ(若いサワラ)を釣るのに最も効果的である、小さなメタルジグを主に使いました。うかつにも私は、今夕、サゴシを数匹釣ってきてあげると、友人たちに宣言してしまっていたのです。しかし、あいにく、沿岸に魚たちの姿はありませんでした。)

Jan 1, 2018

(No. 338) No Fish at Etomo Harbor (恵曇港にて釣果なし)




I wish you a happy New Year. I also wish you happy and safe fishing in 2018. Japan has a long tradition of sending New Year’s cards, but I didn’t like it very much because most of them tended to be perfunctory. So I decided not to send New Year’s cards anymore when I came back to Japan in the autumn of 2014. The fact that I had lived in the U.S. since 2001 made the decision easier because most of my friends in Japan had stopped sending the cards to me. Instead of following the tradition, I started recording a New Year rap for my friends. I guessed listening to a rap music would be more joyful than receiving a perfunctory card even if the rapper was worse than mediocre. If you get tired of perfunctory cards, you can listen to my New Year raps here (I am sorry that all lyrics are in Japanese and not very related to fishing).
(新年明けましておめでとうございます。皆さんが今年、幸せで安全な釣りを楽しめるようお祈りしております。日本には、年賀状を送るという長い伝統がありますが、私はあまり好きではありませんでした。そのほとんどが、通り一遍の形式的なものになりがちだったからです。そこで私は、2014年の秋に帰国した時、もう年賀状を送らないことに決めました。2001年からずっと米国に住んでいたため、そう決断するのは容易でした。日本にいる友人の多くが、既に私に年賀状を送らなくなっていたからです。伝統に従うことをやめた私は、友人のために年賀ラップを録音し始めました。おざなりな年賀状を受け取るよりは、ラップを聴くほうが楽しいだろうと考えたのです。たとえそのラッパーが、二流以下のラッパーであったとしても、です。もしも皆さんが、おざなりな年賀状にうんざりされているようでしたら、私の年賀ラップを、ここで聴くことができますよ(歌詞はぜんぶ日本語で、釣りにはあまり関係のない内容です))。
This afternoon I tried to catch the first fish in 2018 at various spots in Etomo Harbor. I did the run-and-gun style fishing all along. Because a strong chilly wind kept blowing, I had to walk around in order not to feel too cold. I saw some fishermen at the tip of Sinsinbo. They seemed to catch young Japanese Spanish mackerels on metal jigs, but the wind was too strong for me to feel like fishing from the most dangerous spot in the harbor. Instead, I kept casting big American plugs toward inside the harbor. I thought I could catch a Japanese sea bass or a fluke if I was lucky, but I did not expect too much. I just enjoyed casting my favorite plugs.
(今日の午後は、恵曇港のいろいろな場所で、2018年の初釣果を目指して頑張りました。最初からずっとラン&ガン方式の釣りとなりました。冷たい強風が吹き続けており、なるべく寒さを感じないよう歩き回る必要があったのです。新々防の先端に数人の釣り人の姿がありました。メタルジグでサゴシ(若いサワラ)が釣れているようでしたが、私には風が強すぎて、恵曇港で最も危険なその場所から釣る気分にはなれませんでした。代わりに私は、港の内側へ向けて大きなアメリカのプラグを投げ続けました。もし運が良ければ、スズキかヒラメが釣れるかもしれないと思いましたが、それほど期待はしていませんでした。私はただ、お気に入りのプラグを投げることを楽しみました。)