About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

May 23, 2018

(No. 362) No Fish at Lake Shinji (宍道湖にて釣果なし)



It is already the end of May. The so-called “Konoshiro-pattern” along the shore of Lake Shinji may begin at any time now. It is a short period of time during which huge Japanese sea bass at the lake aggressively chase konosirus punctatus, a relatively bigger baitfish. My big American plugs become more effective during this period than during any others. Because it takes only a few minutes for me to walk from my place to the lake, I often get away from my job and go to the lake with a few plugs. It seems that the pattern has not yet started, but it soon begins for sure.
(既に5月下旬です。宍道湖沿岸でのいわゆる「コノシロ・パターン」は、もういつ始まってもおかしくありません。これは、宍道湖にいる巨大なスズキたちが、コノシロという、比較的大型のベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)を積極的に追いかけ回す短い期間を意味します。私が使うアメリカの大きなプラグが、この期間ほど活躍する時はありません。私の家から湖までは徒歩でほんの数分です。私はしばしば仕事の手を休め、2つ3つのプラグを持って湖に出かけます。今年はまだこのパターンは始まっていないようですが、もうじき始まることは確かです。)

May 16, 2018

(No. 361) Mission Accomplished: Scorpion Fish, Japanese Whiting, and Goby in Etomo Harbor (任務完了:恵曇港にてカサゴとキスとハゼ)



As I had mentioned on my previous posts, I took three lovely female friends of mine for their first lure fishing trip yesterday. We went to Etomo Harbor. The weather was fine, and the sea was calm in general. First they learned how to make a cast using a lure without hooks for safety reasons, and then they fished for the Japanese whiting using Japanese-made small biodegradable plastic worms. The fishing trip yesterday was probably successful because not only all of them managed to hook fish but also all of them got hooked more or less on fishing. I have been a great believer in so-called “beginner’s luck.” Yesterday was not exception. While all of the three beginners successfully caught fish under the great guidance of an experienced fisherman, which is me, I myself did not catch any fish. Or it might not have anything to do with luck. Fish might be more intelligent than we consider. They might understand that making a host happy is much less important than making his guests happy and that making his guests happy makes the host eventually happy, too. Nice job, fish!
(前々回からの投稿で触れていた通り、私は昨日、3人の素敵な女性たちを初めてのルアー釣りに案内したのでした。私たちは恵曇港へ行きました。晴天で、海は全般的に穏やかでした。まず彼女たちは、安全上の理由から針のないルアーを投げてキャスティングの練習をし、その後、日本製の小さな生分解性プラスチックワームを使ってキスを狙いました。昨日の釣行は、おそらく成功だったのだと思います。それは、彼女たち全員に魚が釣れたからというだけでなく、彼女たち全員が、多かれ少なかれ、釣りに夢中になったようだからです。私は、いわゆる「ビギナーズ・ラック」というものを強く信じています。昨日も例外ではありませんでした。経験を積んだ釣り人(つまり私)の見事な指導の下、3人の初心者たち全員に魚が釣れた一方で、この私自身には、何も釣れなかったからです。あるいは、それは幸運や不運とは、何も関係がないのかもしれません。魚類は、我々が思っている以上に、知的なのかもしれないのです。お客様をもてなす主人を幸せにすることよりも、主人がもてなすお客様を幸せにすることの方がずっと重要であり、お客様が幸せになることによって、最終的には主人も幸せになると理解しているのかもしれません。魚たちよ、よくやった!)

May 12, 2018

(No. 360) Japanese Whiting and Baby Scorpion Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にてキスと小さなカサゴ)






I confess I broke the rule. Finally I used a Japanese lure. Since my last post, I have been to Nanbo in Etomo Harbor three times. The breakwater is the primary destination to which I plan to take the friends of mine for their first lure fishing trip next week. I chiefly used the tuned-up Sea Striker Got-Cha plugs, but no big predatory fish seemed around along the shore and I did not catch any fish. Instead I saw a few bait fishermen catching the Japanese whiting. It is three lovely ladies that I am going to guide next week. Although I already implied them that you get skunked often when it comes to fishing, their expectations might have been raised. So I gave in to the temptation. I drove to a fishing tackle shop to buy a Japanese rig for the Japanese whiting with a pack of Japanese-made small biodegradable plastic worms. Wow! It was amazing how quickly I caught a Japanese whiting and a scorpion fish. If American lures fail next week, I will let my guests use it.
(規則を破ってしまったことを白状します。ついに私は日本のルアーを使ってしまったのです。前回の投稿以来、私は3回、恵曇港の南防へ行きました。この防波堤こそ、来週、初めてルアー釣りをする友人たちを案内するつもりの場所なのです。私は主に、チューンナップを施したシーストライカー・ガッチャプラグを使いました。しかし、大型の肉食魚は岸沿いにはいないようで、何も釣れません。代わりに私は、数人のエサ釣り師が、キスを釣っているのを目撃しました。来週、私が案内するのは3人の素敵な女性たちです。「魚釣りというものは、まったく魚が釣れないこともしばしばなのだよ」と私は既にほのめかしているのですが、彼女たちの期待は高まっているのかもしれません。なので、私は誘惑に屈してしまいました。釣具屋に行き、キス用の日本製仕掛けと、日本製の小さな生分解性プラスチックワームを買ってしまったのです。そしたらなんと! あまりにもあっさりとキスとカサゴが釣れてしまったので驚きです。来週、アメリカのルアーが役に立たなかったら、彼女たちにはこれを使ってもらいましょう。)

May 8, 2018

(No. 359) Preparing Deadly Lures for Upcoming Fishing Guide (来るべき釣り案内に備えて必殺ルアーの準備)



The so-called ‘Golden Week,’ a series of national holidays from April 29th to May 5th, was over. I spent most of the week on doing a time-consuming job of English translation. Because I could not go fishing, I got myself busy preparing some deadly lures at break. I am going to take a few of my good friends on a fishing trip next week. All of them are lovely ladies with almost no experience in lure fishing, and I am expected to be a fishing guide for them. Because I am obliged to use only American lures and I don’t even own any Japanese ones, the friends of mine also use only American lures. That might be their disadvantage (or advantage?). I would like them to catch fish regardless of its size or kind. So I took out the Sea Striker Got-Cha plugs and tuned them up during the week. In my opinion, the lures are one of the most productive, but they attract not only big fish but also rather small fish. That’s why I don’t use them very often. Now I hope the lures will get the ladies some fish. 
(いわゆる「ゴールデン・ウィーク」、つまり4月29日から5月5日まで続く一連の祭日は終わりました。私はそのほとんどを、英語の翻訳という、時間のかかる仕事をして過ごしました。釣りに行けなかった私は、仕事の手を休めている時、ある必殺ルアーの準備に忙しくしていました。数人の友人を来週、釣りに連れていくのです。友人は全員、素敵な女性なのですが、ルアー釣りの経験が皆無に等しいため、私が釣りガイドを務めることになりました。私はアメリカのルアーしか使うことが許されておらず、日本のルアーは所有さえしていないので、彼女たちもまたアメリカのルアーしか使えません。もしかすると、彼女たちには不利な状況かもしれません(それとも有利か?)。私は、種類や大きさにこだわらず、彼女たちに魚を釣ってもらいたいと思っています。そこで、シーストライカー・ガッチャプラグを持ち出してチューンナップしたのでした。私の意見では、これは最も効果的なルアーの一つなのですが、大きい魚だけでなく、かなり小さな魚までも釣れてしまいます。そのため、私はこのルアーをあまり使わないのです。でも今は、彼女たちに魚を釣らせてくれるよう祈っています。)

Apr 30, 2018

(No. 358) No Fish at Susumi-hana in Owashi (大芦の須々海鼻にて釣果なし)






Since I witnessed the huge boil three days ago I have been to Susumi-hana in Owashi every morning. I want to experience it again, but unfortunately the great natural phenomenon has not repeated itself again. I just saw an apparently much smaller boil in the far distance. This morning I wondered if the huge school of fish might be actually around but below the surface, and therefore there was no boil and the sea looked calm. So I kept retrieving shiny metal lures such as a Deadly Dick as fast as possible. Unfortunately nothing have been caught, but the situation and the method happily reminded me of how my fishing buddy and I had caught the false albacore in New York (How are you, Val?) .
(3日前に巨大なナブラを目撃して以来、私は毎朝、大芦の須々海鼻へ出かけています。もう一度、あれを体験してみたいのですが、あいにく、あの偉大な自然現象は再現されていません。おそらくずっと小さいナブラが、はるか遠くに見えただけです。今朝の私は、巨大な魚群は実は近くにいるのだけれども、水面下を泳いでいるためにナブラは発生せず、海は穏やかなのかもしれないと思いました。そこで、デッドリー・ディックのようなキラキラ光る金属のルアーを、可能な限り高速に引き続けたのです。あいにく何も釣れていないのですが、その状況と釣り方のおかげで、ニューヨークで釣り友達と一緒にスマガツオを釣った時のことを楽しく思い出したのでした(ヴァル、元気にしてるか?)。)

Apr 27, 2018

(No. 357) Young Japanese Amberjack at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にてワカナ)




I started fishing at Maruiwa in Owashi about 6:45 a.m. The sea was as calm as it had been last time. I did not see any baitfish along the shore, too. After trying all of my favorite lures in vain, I started eating a rice ball for breakfast. I was standing with my back to the very calm sea. It is not recommended for safety reasons. You should always face the sea in order to detect any danger as soon as possible, but today the sea was so calm that I was unconcerned. When I finished my first rice ball, I felt a faint touch of something happening behind.
(大芦の丸岩で釣り始めたのは午前6時45分頃でした。前回と同様、凪(なぎ)の海でした。岸沿いにベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿もありません。お気に入りのルアーを全部投げたものの不発に終わった私は、朝食のおにぎりを食べ始めました。私は、とても穏やかな海に背を向けて立っていました。安全性の観点から、これはおすすめできません。何らかの危険が生じた際にすぐに気づけるよう、常に海の方を向いておくべきなのです。しかし、今日の海はとても穏やかだったので、私は無頓着だったのでした。一個目のおにぎりを食べ終えた時、何かが起きているかすかな気配を背後に感じました。)
So I turned around. A huge boil was just in front of me! I got stunned. I had never seen such a huge boil so close to me. A lot of fish went on the rampage on the water. In a hurry I cast a lure toward the boil, but I could not retrieve it normally. The fish were so dense that, as soon as I jerked my rod, I hooked one of them. As I supposed, the hook was not set on the fish’s mouth but on the belly. It was young Japanese amberjack called Wakana in Japanese. The huge school was moving toward the east. When I remembered I wanted to take pictures of it, it was already very far. You can see the darker area on the water in the red circle of the second photo above. That was the huge boil.
(振り向いてみると、目の前に巨大なナブラが立っています! 私は唖然としました。こんなに大きなナブラが、こんなに近くで立っているのを見たことはありません。たくさんの魚が水面を暴れ回っています。私はあわててナブラに向けてルアーを投げましたが、まともに引くことはできませんでした。魚があまりにも密集しているので、ロッドをあおるやいなや、一匹かかってしまったのです。思った通り、フックは魚の口ではなく、腹にかかっていました。ワカナと呼ばれる若いブリでした。その巨大な魚群は、東に移動していきました。「そうだ写真を撮らねば」と気づいた時には、もうずいぶん遠くに行っていました。上の2つ目の写真の、赤丸で囲んであるところに、他より水面が黒くなっている部分が見えると思います。それが巨大なナブラです。)

Apr 21, 2018

(No. 356) No Fish at Susumi-hana in Owashi (大芦の須々海鼻にて釣果なし)



The sea was very calm, and the temperature already started rising when I arrived at Susumi Bay in Owashi about 6:30 a.m. All of famous fishing spots along the shore of Owashi seemed occupied by avid fishermen, but I found an opening in the parking space overlooking Susumi Bay. On my way to Susumi-hana, the eastern tip of the bay, I found a lot of reddish pink particles floating on the surfaces of some areas along the shore. Were they the coral’s eggs? Or red tide? The view somehow made me feel the warm fishing season had come at last, but the fish were not very active in general. I talked to a bait fisherman at Susumi-hana, and he told me he had caught only one squid. I kept casting some of my favorite pugs for one hour and a half. Unfortunately nothing happened, but I realized again how refreshing and exciting casting lures toward the vast ocean was!
(海は非常に穏やかであり、私が大芦の須々海湾に到着した午前6時30分にはもう、気温が上がり始めていました。大芦の海岸沿いにある有名な釣り場にはすべて、熱心な釣り人が既に入ってしまっているようでしたが、私は、須々海湾を見下ろす駐車スペースに空きがあるのを発見しました。湾の東端である須々海鼻へ向かう途中、赤みがかったピンクの粒が、岸沿いのいくつかの場所で、大量に水面に浮かんでいることに気づきました。サンゴの卵でしょうか? それとも赤潮? その風景を見て私は、暖かい釣りのシーズンがついに到来したのだとなぜだか感じましたが、魚の活性は総じて、それほど高くありませんでした。須々海鼻にいらした一人のエサ釣り師に話しかけると、その男性は、イカを一匹釣られたとのことでした。私は1時間30分ほど、お気に入りのプラグを投げ続けました。あいにく何も起きませんでしたが、広大な海に向かってルアーを投げるのは、なんと爽快で、そして刺激的なのだろうと改めて思いました。)

Apr 13, 2018

(No. 355) No Fish at Lake Shinji and Ohashi River (宍道湖と大橋川にて釣果なし)




Since my last post I have been to Lake Shinji and the Ohashi River several times. My work schedule has been relatively tight, and that’s why I could not find enough time to go to any serious fishing spot on the rocky shore facing the Sea of Japan. All that I could do was to find a sporadic opening in my schedule and sneak out to the lake or river on foot or by bike. Both the lake and river are within several minutes distance from my place. On the shore of the lake I saw a few bait fishermen, and along the river I saw some serious lure fishermen. All of them chased the Japanese sea bass. I often took out a few of my biggest lures, such as the Jointed Pikie Plug by Eurojet Custom Lures. I knew it was too early for these big plugs to be effective, but I almost always want to take a chance on them.
(前回の投稿以後、私は数回、宍道湖と大橋川へ出かけました。仕事のスケジュールが比較的キツいため、日本海に面した磯にある危険な釣り場へ出かける時間が取れないのです。私に出来たのは、スケジュールに点在する仕事の谷間を見つけて、こっそりと抜け出し、徒歩あるいは自転車で、湖か川へと向かうことだけでした。湖も川も、私の家から数分の距離にあるのです。湖岸では、数人のエサ釣り師を、川沿いでは、数人の真剣なルアー釣り師を目撃しました。彼ら全員がスズキを狙っているのです。しばしば私は、一番大きいルアーを数個持ち出しました。ユーロジェット・カスタム・ルアーズによるジョインテッド・パイキー・プラグのようなルアーです。こうした巨大プラグが効果を発揮するにはまだ早いと分かってはいても、私はほとんど常に、一か八か、そういうプラグに賭けてみるのが好きなのです。)

Apr 7, 2018

(No. 354) No Fish at Ohashi River (大橋川にて釣果なし)


I went to one of major fishing spots along the Ohashi River this late afternoon. I was with three of my favorite plugs. I had heard that the Japanese sea bass had already come back to the river. As you may know, the migratory fish changes its whereabouts seasonally. The river was a bit choppy and nicely muddy, but, oh boy, how cold it was! It was unseasonably cold today, so that the rain turned to sleet momentarily in the morning. The wind felt as if it were a sharp knife while I was casting my plugs, and no fish attacked them.
(今日は午後遅く、大橋川沿いの有名な釣り場の一つに出かけました。お気に入りのプラグを3つ持っていきました。私は、大橋川に既にスズキが入っていると聞いていたのです。恐らくご存知だと思いますが、移動性のこの魚は、季節に応じて居場所を変えます。川は少々波立っていて、良い感じに濁っていましたが、なんという寒さだったでしょう! 今日の寒さは季節外れで、午前には、一時的に、雨がみぞれに変わってしまうほどでした。プラグを投げてはみたものの、風はまるで鋭いナイフのように感じられ、私のルアーを襲う魚はいませんでした。)

Mar 31, 2018

(No. 353) No Fish at Ooi-no-hato in Uppurui Bay (十六島湾の多井の波止にて釣果なし)




Originally, I intended to cast lures from Oh-hato at Uppurui Harbor in Izumo City this morning. I had expected to catch Japanese sea bass, young Japanese Spanish mackerels, or flukes. However, I found part of the breakwater was under construction, so that I could not park my car along it. I turned back and found another fishing spot in Uppurui Bay. I didn’t know the name of the breakwater then, but now I know it is called Ooi-no-hato, thanks to the very useful “Sanin Fishing Spot Guidebook.” There was one lure fisherman at a tip of the breakwater. He told me it was only recently that he had started this hobby. I introduced myself to him and then gave him some tips such as how and when you could catch a big Japanese sea bass at Lake Shinji. Although no fish seemed around us unfortunately, I enjoyed the chat with him today.
(今朝は当初、出雲市にある十六島港の大波止からルアーを投げるつもりでした。スズキ、サゴシ(若いサワラ)、あるいはヒラメでも釣れるかもしれないと考えたのです。ところが、その防波堤の一部が工事中であったため、防波堤に沿って駐車することができませんでした。引き返した私は、十六島湾にある別の釣り場を見つけました。その防波堤の名前を知りませんでしたが、今では、とても役立つ『山陰の釣り場総覧』のおかげで、多井の波止という名前であることが分かっています。その防波堤の先端の一つに、一人の釣り人の姿がありました。釣りという趣味を始めたのはつい最近のことだと、その男性は言われます。私は自己紹介をし、秘訣をいくつかお教えしました。例えば、いつ、どうすれば宍道湖で大スズキが釣れるのか、など。今日はあいにく、私たちの周辺に魚の姿はありませんでしたが、私は彼とのおしゃべりを楽しみました。)

Mar 23, 2018

(No. 352) No Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて釣果なし)




Contradictorily expecting another unexpected encounter to happen, I drove to Ikesu in Etomo this late afternoon. However, halfway to the magical fishing spot, I found I had left a pair of fishing boots at my place. I would absolutely need it for walking up and down the slippery rocky shore. Unfortunately I had to change my plan and headed toward Etomo Harbor instead, in order to fish at Nanbo, one of the breakwaters where you can walk around safely with normal sneakers.
(思いがけない出会いがまた起きないものかと矛盾したことを思いつつ、今日の午後遅く、私は恵曇の生須に車を走らせました。しかし、あの不思議な釣り場までの中間地点に来たところで、釣り用ブーツを家に置き忘れてきたことに気づいたのです。釣り用ブーツは、滑りやすい磯を昇り降りするには必須です。残念ながら私は方針を変え、代わりに恵曇港へと向かいました。普通のスニーカーでも安全に歩き回れる防波堤の一つ、南防で釣ることにしたのです。)
Not only the warm weather but also the presence of small fish around Nanbo made me feel the spring came at last. Whenever my big plug came closer to the school of small fish, they got spooked and tried to escape from it. They believed the plug was a predatory fish that tried to devour them. Unfortunately nothing happened to my plugs today, but I hoped for any larger fish to notice the ripples that the small fish made on the surface and to come to attack the predatory fish, namely my plug.
(温かい天気でしたし、南防の周囲には小魚の姿も見られたので、ついに春が到来したのだと私は感じました。私の大きなプラグが小魚の群れに近づいていくと、小魚たちはビックリ仰天し、逃げようとします。小魚たちは、私のプラグを、自分たちをガツガツ食べにきた肉食魚だと思っているのです。あいにく今日、私のプラグには何も起きませんでしたが、私は、何か大型の魚が、小魚たちが水面に立てるさざ波に気づき、その肉食魚、つまり私のルアーを襲いに来るのではないかと期待しました。)

Mar 21, 2018

(No. 351) When Unable to Go Fishing I Listen to the Austin 100 (釣りに行けない時は「Austin 100」を聴く)


It is raining now. My tight work schedule and unfortunate timing of rainfall have prevented me from going fishing. When I am unable to go fishing, I listen to the Austin 100. National Public Radio (NPR) in the U.S. compiled the annual Austin 100 for the SXSW (South by Southwest) Music Festival in 2018. Some of my readers already know the Austin 100 as I mentioned it on my blog in the past. The music staff at NPR listens to more than 2000 artists that play for the annual SXSW and selects best 100 songs each year. All the songs are downloadable now for free. I already found many favorites in this year’s selection. Right now I am listening to “Oom Sha La La” by Haley Heynderickx, one of such songs. If you are interested, go to the Austin 100 site and find the link to download the entire collection. You may want to hurry because the free service usually ends at the end of March.
(雨が降っています。仕事のスケジュールがキツかったのと、雨がタイミングの悪い時に降ったせいで、なかなか釣りに行けません。そんな時の私は「The Austin 100」を聴いています。米国のナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)が今年もまた、2018年のSXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)音楽祭のために「The Austin 100」を編んでくれたのです。このブログでも以前触れたことがありますから、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。NPRの音楽スタッフは、その年のSXSWに出演する2000組以上のアーティストを聴いて、その中のベスト100曲を、毎年選んでいるのです。今なら、その全曲が無料でダウンロード可能です。今年の選曲の中から、私は既にたくさんのお気に入りを見つけています。今まさに聴いているHaley Heynderickxさんの「Oom Sha La La」という曲も、その一つです。ご興味があれば、「The Austin 100」のサイトへ行ってください。全曲をダウンロードするためのリンクが見つかりますよ。急いだ方がよいかもしれません。無料でダウンロードできるのは通例、3月末までなのです。)

Mar 11, 2018

(No. 350) Unexpected Encounter at Ikesu in Etomo (恵曇の生須にて思いがけない出会い)



As I implied in my previous post, I left Senjojiki in Mitsu without climbing down to it this morning. However, the sarashi (white churning water) on my mind became more and more appealing as time went by. So I returned to the spot this late afternoon. Unfortunately the parking space was already occupied. I had to find another fishing spot as soon as possible because it’s getting dark. After visiting a few occupied parking spaces, it occurred to me to go to Ikesu in Etomo. Sure enough I found the parking space vacant. However, the swell toward Ikesu was a bit too strong for me to cast lures comfortably. I made just several casts and gave up fishing.
(前回の投稿でほのめかした通り、今朝の私は、御津の千畳敷に降りることなく釣り場を離れました。しかし、私の心の中のサラシ(かき混ぜられた白い水)は、時間の経過とともに、ますます魅力的になっていったのです。そこで私は午後遅く、釣り場に戻りました。ところがあいにく、既に駐車スペースが満杯なのです。暗くなり始めていたため、代わりの釣り場を急いで探さねばなりませんでした。満杯の駐車スペースをいくつか訪れた後、恵曇の生須はどうだろかと思いました。案の定、その駐車スペースは空いていました。ところが、生須に向かううねりが少し強すぎて、ルアーを快適に投げることができないのです。私はほんの数投だけして、釣りはあきらめてしまいました。)
After peeling off a slight patch of nori (delicious seaweed) adhering to the rock and tasting it, I decided to return to the parking space. To my surprise, there was a lady standing on the narrow path on the edge of precipice. She was taking pictures of the setting sun. I was a bit scared of the sight. Although I was on the same path, I felt the path under her might collapse at any moment. So I gave her some caution about walking along the mountain path and led her to where she could get a better view of Ikesu. She said that she had found my car at the parking space while looking for a better spot to take pictures and had tracked down the narrow mountain path to the shore through the woods. I was amazed. How brave she was!
(岩に付着している海苔(美味しい海草)を少し剥がして味見をしてから、駐車スペースへ引き返すことにしました。驚いたことに、崖っぷちの小道に女性が立っています。夕日の写真を撮っているのです。私はその光景を見て、少々震え上がりました。私自身も同じ小道に立っているわけですが、彼女が立つ小道は今にも崩れそうに思えたのです。山道の歩き方についての注意を少し与えて、私は彼女を、生須がよりよく見えるところまで案内しました。彼女は、写真を撮るのに良い場所はないかと探しているうちに私の車を発見し、林を通って海岸へと続く山道の存在を突き止めたのだそうです。私は驚きました。なんて勇敢なのでしょう!)

(No. 349) Nice Chat above Senjojiki in Mitsu while No Fish at Kurauchi Bay and Edabo in Etomo Harbor (倉内湾と恵曇港の枝防にて釣果なしも、御津の千畳敷を見下ろす楽しいおしゃべり)




These days I abandon using metal jigs such as Deadly Dick or Hopkins. All that I bring to a shore become big wooden or plastic plugs. Due to this preference, I may lose the possibility of catching some fish such as young Japanese Spanish mackerels, which respond well to a small shiny metals. However, somehow I feel happier. Even if I become less likely to catch some fish, I prefer using only my favorite types of lures.
(近頃の私は、デッドリー・ディックやホプキンスのようなメタルジグを使うのをやめてしまいました。私が海岸に持っていくのは、木製あるいはプラスチック製の大きなプラグだけになっています。この偏愛のせいで、サゴシ(若いサワラ)のような魚が釣れる可能性は消えてしまったのかもしれません。光り輝く小さな金属によく反応する魚なのです。しかし私は、どういうわけか嬉しく感じています。ある種の魚が釣れる可能性がたとえ小さくなっても、お気に入りの種類のルアーだけ使う方が、性に合うのです。)
This morning I started fishing at Kurauchi Bay and then at Edabo in Etomo Harbor. “Did you catch any fish?” I asked one of a few fishermen in the harbor, and he replied to me, “Completely no fish.” Then I drove to the parking space overlooking Senjojiki in Mitsu. The flat fishing spot below was surrounded with sarashi (white churning water). It looked promising, but I came across a friendly old man who enjoyed walking along the road on the mountainside using two canes. He was talkative and knew interesting facts about fishing in the area. It was such a nice chat that I felt satisfied even without getting down to Senjojiki to fish.
(今朝は、倉内湾で釣りを開始し、続いて、恵曇港の枝防で釣りました。「釣れますか?」。恵曇港で釣っていた数人のうちのお一人に尋ねてみると「なんだい釣れませんわ」との答えが返ってきました。それから私は、御津の千畳敷を見下ろす駐車スペースへ移動しました。その平らな釣り場は、サラシ(かき混ぜられた白い水)に囲まれていました。希望が持てそうでしたが、私は、2本の杖をついて山腹の道を楽しげに歩くご老人に出会ったのです。おしゃべりが好きな男性で、その地域での釣りについて興味深い事実を知っておられました。とても楽しいおしゃべりだったので、千畳敷に降りて釣りをするまでもなく、私は満たされてしまいました。)

Mar 10, 2018

(No. 348) Mysterious Plastic Buckets Found at Susumi Bay while No Fish at Owashi and Sanami Harbors (大芦港と佐波港にて釣果なしも、須々海湾にて不審なポリバケツ発見)





The swell was still strong when I started fishing at Niregi-no-hato in Owashi Harbor this morning. I hoped I would catch a Japanese sea bass, but nothing happened. Then, I moved to Ogu-no-hato, another breakwater in the harbor. It seemed that there was no creature in the harbor except several surfers who waited patiently for strong waves. Because of the tenacious swell, I still hoped I would catch a Japanese sea bass somewhere, so I drove to vacant Sanami Harbor, and then to Susumi Bay in Owashi. Neither spot produced any strike, but I found the mysterious plastic buckets at Susumi Bay. Since this February it has been reported that a large quantity of mysterious plastic buckets drifted ashore in the Sanin Region. Some of them reportedly still contain a strong acid. If you find it, you had better avoid it.
(今朝、大芦港の楡木の波止で釣り始めた時には、まだ強いうねりがありました。スズキが釣れるのではないかと私は期待しましたが、何も起きません。続いて、大芦港のもう一つの防波堤である小具の波止へ移動しました。強い波を辛抱強く待っているサーファーを除けば、海中に生物は存在しないようでした。うねりがしつこく残っていたので、私はまだどこかでスズキが釣れるのではないかと考え、無人の佐波港へ、続いて大芦の須々海湾へ行ってみました。どちらの釣り場でもストライクは起きませんでしたが、須々海湾では、例の不審なポリバケツをいくつか発見しました。この2月以来、山陰の沿岸に不審なポリバケツが大量に漂着しているのが報じられています。報道によると、内部に強い酸が残っているものもあるそうです。もしも発見したら、触らないほうが無難でしょう。)

Mar 4, 2018

(No. 347) No Fish at Saruwatarijima in Owashi and at Nanbo in Etomo Harbor (大芦の猿渡島と恵曇港の南防にて釣果なし)





It was so warm today that I almost believed the spring came earlier than usual. Of course I was wrong. The sea remained as quiet as it had been in the harsh winter days. This afternoon I started fishing at Saruwatarijima in Owashi. I did not see any baitfish around the small island on the west end of Susumi Bay. Then, I drove to Nanbo, one of the most convenient breakwater in Etomo Harbor. There were a few fishermen here and there, but no one seemed to catch fish. I stayed there until it got dark. I did not feel cold at all. With the warm weather, I did not lose my concentration until the end. Although no fish, I felt good.
(今日はとても暖かかったので、例年より早く春が到来したのだと、あやうく信じてしまいそうでした。もちろん私の勘違いです。海は、厳しい冬の日にそうであったのと同様、今日も静かなままでした。午後、私は、大芦の猿渡島で釣りを開始しました。須々海湾の西端に位置するその小島の周辺に、ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿はありませんでした。続いて私は、恵曇港でいちばん便利な防波堤の一つ、南防へ移動しました。釣人が数人、あちこちにいましたが、誰にも魚は釣れていないようでした。私は暗くなるまで釣り場に留まりました。まったく寒さは感じません。暖かな天気のおかげで、私の集中力は最後まで切れませんでした。魚は釣れなくとも、良い気分でした。)

Feb 24, 2018

(No. 346) No Fish at Ogu-no-hato in Owashi Harbor and at Sanami Harbor (大芦港の小具の波止および佐波港にて釣果なし)





The temperature becomes slightly higher these days, but the sea seems still quiet for most lure fishermen. This afternoon I headed to Susumi Bay first, but I found the waves much higher than I had expected. There were some nice patches of sarashi (white churning water), but the sea was too rough for comfortable fishing in the winter. In addition, it was about 1 p.m. I felt it was too early for Japanese sea bass to get active. So I passed by the bay and drove to Ogu-no-hato in Owashi Harbor. Although I have not caught any fish there, I like the breakwater because it has a small shrine on it. Next, I drove to Sanami Harbor. No fish seemed around there, either.
(ここ数日、気温は少し上昇しているとはいえ、ほとんどのルアー釣り師にとって、海はずっと静かなままのようです。今日の午後、私はまず須々海湾に向かいましたが、予測していたよりもずっと高い波が立っていました。良いサラシ(かき混ぜられた白い水)ができていましたが、冬に快適な釣りをするには、ちょっと海が荒れすぎていたのでした。加えて、午後1時頃のことだったのです。スズキの活性が上がるには早すぎるように思いました。そこで私は湾を通り過ぎ、大芦港の小具の波止に向かいました。ここで魚が釣れたことはありませんが、私は、祠(ほこら)が建てられているこの防波堤が好きなのです。次に私は佐波港に行きました。ここにもまた、魚の姿はありませんでした。)

Feb 18, 2018

(No. 345) Continuously Skunked at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて引き続き釣果なし)



Fishing is generally slow at this time of the year. So I tend to go to Etomo Harbor, one of the biggest harbors in this region and the nearest to my place. It is also the most convenient. You can start fishing within several minutes after you leave a car. So even if you don’t catch anything, at least you will not be very tired. When I arrived at Nanbo at 5:15 p.m., there was one lure fisherman at the tip of the breakwater. He told me that he had caught a young Japanese Spanish mackerel although he fished for Japanese sea bass. Several minutes later he had to stop fishing. He said that his fishing line became tangled irrecoverably. He was so friendly that I felt sorry for him. So I gave him a little gift and invited him to Japanese sea bass fishing at Lake Shinji in early summer. I said to him, “You can catch a huge fish of almost 1 meter (40 in.) long!” 
(一年のこの時期、魚釣りは通常、低調です。したがって私は、この地方最大の港の一つであるとともに、我が家からは最も近い恵曇港に行きがちなのです。恵曇港は、最も便利な港でもあります。車から降りて数分以内に、釣り始めることができるのです。そのため、たとえ魚は釣れなくても、それほど疲れることはありません。午後5時15分に南防に到着した時、その防波堤の先端には一人のルアー釣り師の姿がありました。スズキを狙っていたところサゴシ(若いサワラ)が釣れたと、彼は教えてくれました。その数分後、彼は釣りを止めざるを得なくなりました。釣り糸が、修復不可能なほど、もつれてしまったのだそうです。とても友好的な方でしたので、私は可哀想になりました。そこで、ちょっとした贈り物をするとともに、初夏の宍道湖でのスズキ釣りにご招待しました。「1メートルくらいのデカいのが釣れますよ!」と私は言いました。)