About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Jan 1, 2018

(No. 338) No Fish at Etomo Harbor (恵曇港にて釣果なし)




I wish you a happy New Year. I also wish you happy and safe fishing in 2018. Japan has a long tradition of sending New Year’s cards, but I didn’t like it very much because most of them tended to be perfunctory. So I decided not to send New Year’s cards anymore when I came back to Japan in the autumn of 2014. The fact that I had lived in the U.S. since 2001 made the decision easier because most of my friends in Japan had stopped sending the cards to me. Instead of following the tradition, I started recording a New Year rap for my friends. I guessed listening to a rap music would be more joyful than receiving a perfunctory card even if the rapper was worse than mediocre. If you get tired of perfunctory cards, you can listen to my New Year raps here (I am sorry that all lyrics are in Japanese and not very related to fishing).
(新年明けましておめでとうございます。皆さんが今年、幸せで安全な釣りを楽しめるようお祈りしております。日本には、年賀状を送るという長い伝統がありますが、私はあまり好きではありませんでした。そのほとんどが、通り一遍の形式的なものになりがちだったからです。そこで私は、2014年の秋に帰国した時、もう年賀状を送らないことに決めました。2001年からずっと米国に住んでいたため、そう決断するのは容易でした。日本にいる友人の多くが、既に私に年賀状を送らなくなっていたからです。伝統に従うことをやめた私は、友人のために年賀ラップを録音し始めました。おざなりな年賀状を受け取るよりは、ラップを聴くほうが楽しいだろうと考えたのです。たとえそのラッパーが、二流以下のラッパーであったとしても、です。もしも皆さんが、おざなりな年賀状にうんざりされているようでしたら、私の年賀ラップを、ここで聴くことができますよ(歌詞はぜんぶ日本語で、釣りにはあまり関係のない内容です))。
This afternoon I tried to catch the first fish in 2018 at various spots in Etomo Harbor. I did the run-and-gun style fishing all along. Because a strong chilly wind kept blowing, I had to walk around in order not to feel too cold. I saw some fishermen at the tip of Sinsinbo. They seemed to catch young Japanese Spanish mackerels on metal jigs, but the wind was too strong for me to feel like fishing from the most dangerous spot in the harbor. Instead, I kept casting big American plugs toward inside the harbor. I thought I could catch a Japanese sea bass or a fluke if I was lucky, but I did not expect too much. I just enjoyed casting my favorite plugs.
(今日の午後は、恵曇港のいろいろな場所で、2018年の初釣果を目指して頑張りました。最初からずっとラン&ガン方式の釣りとなりました。冷たい強風が吹き続けており、なるべく寒さを感じないよう歩き回る必要があったのです。新々防の先端に数人の釣り人の姿がありました。メタルジグでサゴシ(若いサワラ)が釣れているようでしたが、私には風が強すぎて、恵曇港で最も危険なその場所から釣る気分にはなれませんでした。代わりに私は、港の内側へ向けて大きなアメリカのプラグを投げ続けました。もし運が良ければ、スズキかヒラメが釣れるかもしれないと思いましたが、それほど期待はしていませんでした。私はただ、お気に入りのプラグを投げることを楽しみました。)

No comments: