About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Jan 7, 2018

(No. 339) No Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて釣果なし)



Since New Year’s Day the cold wind had been too strong and the sea had been too rough. Today the wing died down and the sea got calm at last. It was about 4:30 p.m. that I started casting my lures from Nanbo, one of breakwaters in Etomo Harbor. I primarily used small metal jigs, which are most effective in catching young Japanese Spanish mackerels. Carelessly I had declared that I would bring some of the fish to my friends this evening. Unfortunately the fish were not around along the shore.
(元旦以来ずっと、強すぎる寒風が吹き、海は荒れていたのでした。今日やっと、風が衰え、海も穏やかになりました。恵曇港の防波堤の一つ、南防からルアーを投げ始めたのは午後4時30分頃でした。サゴシ(若いサワラ)を釣るのに最も効果的である、小さなメタルジグを主に使いました。うかつにも私は、今夕、サゴシを数匹釣ってきてあげると、友人たちに宣言してしまっていたのです。しかし、あいにく、沿岸に魚たちの姿はありませんでした。)

No comments: