About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Jan 31, 2018

(No. 342) No Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて釣果なし)



It has been colder than usual this winter. Taking advantage of hiatus between job assignments, I drove to Etomo Harbor this afternoon. I had hoped to catch young Japanese Spanish mackerels, but I gave up fishing way before sunset. Unlike the last few days, there had been no serious snowfall today, but the winds were too chilly to keep casting lures. Two bait fishermen were fishing at Nanbo. I talked to one of them, to whom I had talked the other day too. “Any fish?” I asked, and he shouted sharply as if he had tried to beat the bitter coldness. “Nothing!”
(今年の冬は、例年より寒いですね。次の仕事までの空き時間ができたので、今日の午後、私は恵曇港へ行きました。サゴシ(若いサワラ)でも釣れないかと期待していましたが、夕マヅメのずっと前に、釣りをあきらめました。ここ数日と異なり、今日は本格的な雪は降りませんでしたが、風が冷たすぎて、ルアーを投げ続けることができないのです。南防には、二人のエサ釣り師の姿がありました。そのうちのお一人に、前回と同様、私は声をかけました。「何か釣れましたか?」。私が尋ねると、その男性は、まるで厳しい寒さに打ち勝とうとしているかのように、鋭く叫びました。「なんだい釣れん!」)

No comments: